私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好き。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を望む海外ホテルリゾートでのんびり滞在&旅行記。

水上プールヴィラ宿泊記@シックスセンシズ ニンヴァンベイ Six Senses Ninh Van Bay

f:id:mia-travelista:20191227105453j:plain
ニンヴァンベイにあるエココンセプトリゾート、シックスセンシズを訪れてきました。宿泊したのは、ウォータープールヴィラ(水上プールヴィラ)です。

リゾートまでのアクセスについてはこちらで書いていますが、ハノイもしくはホーチミンでの乗り継ぎ+1時間の車移動+20分のボート移動という、到着までになかなか時間のかかるリゾートです。



(1) ヴィラカテゴリーについて

f:id:mia-travelista:20191015100833j:plain
シックスセンシズニンヴァンベイのヴィラカテゴリーは大きくわけて4つです。ヒルトップ、ビーチフロント、ロック、水上ヴィラという4つのカテゴリーとなっています。ビーチフロント以外の3つのヴィラは、ほとんどが山登り(トレッキング)が必要となります。※ロックリトリートはお部屋までボートでのアクセスが可能ですが、波が高いと歩きとなるとのこと。

今回は水上ヴィラに宿泊しましたが、私としては、リゾートでのんびりを満喫するにはビーチフロントの方が一番良さそうだな、と思いました。詳細はヴィラ選びポイントでも書いていますので、ご興味があればそちらもどうぞ。


(2) 水上ヴィラベッドルーム

f:id:mia-travelista:20191227105257j:plain
こちらが宿泊した水上ヴィラです。水上ヴィラは、ヴィラカテゴリーの中では一番高いのがネックですが、利点としては、①メインレストランなどに近い、②海に直接入れる、ということです。

ただし実際に訪れてみて、①メインレストランに近いと言っても、バギーが入れるのは途中までで、結局お部屋からレストランまでは山登りが毎回必要、②海はあまり綺麗じゃない&タイドが低い時は海に入れない、というのを考えると、ビーチフロントが一番良さそう(トレッキング不要、レストランも近い、海辺でも遊べる)と思いました。



f:id:mia-travelista:20191227105241j:plain
と、最初からネガティブポイントをあげてしまいましたが、こちらがベッドルームです。



f:id:mia-travelista:20191227105232j:plain
後ろ側も、横にも窓があり明るいです。ちなみにヴィラのサイズは180平米とか、そんな感じだったと思います。



f:id:mia-travelista:20191227105251j:plain
ベッドからの景色はオーシャンビュー。



f:id:mia-travelista:20191227105255j:plain
ベッドサイドテーブルには大きなランプがどーん!と置いてあるので、夜ここにスマホ、本、水などを置きたい私としては、ちょっと不便に感じました。



f:id:mia-travelista:20191227105238j:plain
ウェルカムフルーツ。お部屋までバトラーの方が案内してくれたわけですが、ウェルカムアメニティの説明の時に、ウェルカムドリンクがないことに気がついたようで、



f:id:mia-travelista:20191227105300j:plain
後から届けてくれました。



f:id:mia-travelista:20191227105631j:plain
ベッドの後ろ側にはデスク。ここにアクティビティリストなどが毎日置かれます。が・・・・デスク奥側にある筒状のもの、その中にお手紙などを入れてくれるのですが、この筒状のものは盗難防止のためなのか、接着剤でデスクに固定してあるんです。

左側のパネルみたいなのも固定してあるから、動かせない=お手紙が出せない・・・・。パネルの後ろ側も隙間が少ししかなくて、反対側からとるにもピンセットが必要だし、頑張って取り出してみたものの、破れてしまいました。という、どうでもいいエピソードね(=`ω´=)


(3) バスルーム

f:id:mia-travelista:20191227105830j:plain
ベッドルームの隣にはバスルームです。こちらも前面、サイドと窓があるので明るいです。



f:id:mia-travelista:20191227105743j:plain
お風呂からもオーシャンビューが楽しめるのが嬉しい。



f:id:mia-travelista:20191227105247j:plain
ちなみに、ベッドルーム前にある通路(?)は、テラス~バスルームまで、



f:id:mia-travelista:20191227105806j:plain
このようにつながっているので、プールや海で遊んだ後、ベッドルームを通らずにシャワー、バスルームまで行けるようになっています。



f:id:mia-travelista:20191227105812j:plain
バスルームのシンクはダブルシンク。こちらと反対側にももう一つ、シンクがあります。



f:id:mia-travelista:20191227105816j:plain
バスタブは大きめです。湯量も問題ないですが、ちゃんと清掃されていない感じがしました。

バスタブに限らずですが、シックスセンシズニンヴァンベイは、リゾート内に落ちているタバコの吸い殻も数日置きっぱなしだったり、スタッフがそれを蹴って砂に埋めていたり・・・・スパには大きなGがたくさん死んでいたり、大きなゴミ(プラボトルなど)がいつまでも落ちていたりと、私としてはとても残念に思ったリゾートです。

以前訪れた、シックスセンシズコンダオがとても良く、同じイメージで訪れたため、余計がっかりでした。



f:id:mia-travelista:20191227105822j:plain
アマンと同じくエココンシャスなリゾートなので、シャンプーなどはボトル式です。こういうのは大好きだし、世界のホテルでも広がれば良いのにな、と常々思っています。



f:id:mia-travelista:20191227105746j:plain
シンク。



f:id:mia-travelista:20191227105827j:plain
トイレ。



f:id:mia-travelista:20191227105749j:plain
シャワールームです。最初から、髪の毛がたくさん落ちていてびっくりしました。



f:id:mia-travelista:20191227105758j:plain
バスルームの外には、屋外のシャワーエリア。ヤモリがたくさんいたのと、蜘蛛の巣があったので、一度も使いませんでした。



f:id:mia-travelista:20191227105808j:plain
バスルームからベッドルームを眺めた図。



f:id:mia-travelista:20191227105833j:plain
そうそう、けっこう困ったのが、ポーチとかを置く台が一つしかなかったこと。シンクに置くと、水が跳ねてしまうし、シンク台の下だと使う時に面倒だし、と細かいことですが、こういうのもクダドゥモルディブではちゃんと考えられていたので、改めてクダドゥのすごさに感動しました。



f:id:mia-travelista:20191227105824j:plain
ゴミ削減のため、こういうのは一切使いませんが、一応撮っておきました。



f:id:mia-travelista:20191227105835j:plain
こちらがクローゼットエリア。ちょっと小さめです。



f:id:mia-travelista:20191227105739j:plain
大きなスーツケースを置く場所が見当たらなく、一つはベッドルームに。もう一つの小さいスーツケースのみ、クローゼットエリアに置いていました。



f:id:mia-travelista:20191227105841j:plain
サンダルやセーフティー。衛生状態がちょっと疑問だったので、ここのクリーニングはお願いしませんでした。



f:id:mia-travelista:20191227105735j:plain
こちらはプレゼントの帽子とバッグだそうです。


(4) プライベートプール

f:id:mia-travelista:20191227110213j:plain
続いてはプライベートプール&テラスエリアです。



f:id:mia-travelista:20191227110240j:plain
テラス&プールがなかなかに広く、居心地は良いです。奥側には東屋(ガゼボ)もあり、食事をとれるようになっています。



f:id:mia-travelista:20191227110230j:plain
プライベートプールは日が当たるようになっていて、温かいのも良い。冷たいプールは遊ぶというより苦行になってしまうので・・・ね。



f:id:mia-travelista:20191227110210j:plain
お部屋から海へ入れる階段がついています。パッと見、海が綺麗に見えますが、クラゲがいたり、にごりも強くシュノーケリングには適していません。一度潜りましたので、シュノーケルについては今度書きたいと思います。



f:id:mia-travelista:20191227110220j:plain
そうそう。プライバシー(Do not disturb)のサインは、奥に見える階段をあがり、さらにもう少し上がった所にかけないとならず・・・・サインを変えにいくにも一苦労です。良く言えば、良い運動になりますが、のんびり過ごしたい派にとってはつらかった(;´Д`)



f:id:mia-travelista:20191227110222j:plain
プライベートプールも先端まで行くと、お隣のヴィラが見える作りになっています。



f:id:mia-travelista:20191227110225j:plain
テラスにあるベッド。寝心地も良いし、夜はここで星空を見れるのもまた良いです。



f:id:mia-travelista:20191227110227j:plain


f:id:mia-travelista:20191227110217j:plain
水上ヴィラ側は、ニャチャンの街並み側(ライトアップ)からちょっと外れているのも良かったです。ロック側だと、もしかしたらニャチャンの街並みが見えてしまうのかもしれません。


(5) 東屋(ガゼボ)

f:id:mia-travelista:20191227110430j:plain
テラスにあるガゼボはなかなか広く、屋根もついているので日差しも強くない。



f:id:mia-travelista:20191227110433j:plain
海風も入ってくるし、昼間はここでお昼寝するのが最高に気持ち良かったです。



f:id:mia-travelista:20191227110423j:plain
ダイニングテーブルもあるので、ここでインヴィラディナーなどもしました。ただし、シックスセンシズニンヴァンベイのルームダイニングはメニューが少ないです。なので結局は、レストランへ食べに行くことになり、トレッキングを往復30分することになったという・・・・。

朝・昼・夜のトレッキングで、かなり足が鍛えられ、リゾートでのんびりのはずが、ブートキャンプにでも参加したかのような疲労感でした。



f:id:mia-travelista:20191227110436j:plain
ガゼボにあるコーヒーマシンやコップ。



f:id:mia-travelista:20191227110438j:plain
棚をあけると冷蔵庫があり、ここに無料のお水が毎日補充されます。お水は瓶で、シールが貼ってあるタイプ(リフィル式)です。



f:id:mia-travelista:20191227123334j:plain
ほとんどのお水は大丈夫でしたが、一本だけすごく変な臭いのする水があり、間違って水道水でもくんだのでは・・・?と思ってしまいました。


感想

f:id:mia-travelista:20191227110236j:plain
衛生面とトレッキングが必要なことを除いては、プールやテラス、ガゼボがけっこう広く、居心地の良い水上ヴィラでした。とは言っても、ずっとお部屋にこもっていられるほどルームダイニングも充実していないし、海は綺麗じゃないし、シュノーケル向きではないので、ビーチリゾート好きな私たちとしては、満足度はあまり高くなかったです。

私はよくあるヒルトップオーシャンビューより、海に直接入れる方が好きなため、今回はアマノイを選択肢から外してしまったのですが、むしろアマノイに行った方が、たとえ海に直接入れなくても、衛生面もサービスも良かっただろうな、と思いました。

と、残念なレビューとなってしまいましたが、正直な感想(2019年10月訪問時点)です。そして、今回のブログが今年最後です。語彙力が若干(←)少ない、私のブログを読んで下さっている親切な皆様、たまたま見てくださった方、皆さまどうぞ、よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします(=`ω´=)ぺこり

続き→ガゼボでルームダイニング
前回→ニャチャンからリゾートへの送迎

#シックスセンシズ旅行記