私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好きな私の旅行記。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を楽しめる海外ホテル&リゾートでのんびり滞在。

クダドゥ流おもてなし。最終日チェックアウトについて

f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain
モルディブ滞在で気になるのが、最終日のチェックアウト&出発時間。たいていのリゾートは、チェックアウト時間が基本12時で、リゾートによっては出発までお部屋で滞在できるところもあれば、安いお部屋へ移動して、出発まで使わせてもらったりとなります。

水上飛行機でしかアクセスできないリゾートの場合、リゾート出発時間が早すぎるとマレで待つことになるし、出発時間は前日まで決まらないし・・・と色々懸念が出てきますが、クダドゥではその心配はほとんどありません。



f:id:mia-travelista:20190801112133j:plain
というのもまず、

クダドゥにはチェックイン時間/チェックアウト時間というものが存在しない

のです。到着したらチェックイン、帰る時がチェックアウトです。なので例えば、15時までお部屋を使って頂き、出発までは違うお部屋で、だとか、出発まではレストランやバーで・・なんていうのが一切ない。着いたらすぐにお部屋へ、出発ぎりぎりまでお部屋を使えるように、予約を管理していると言っていました。

時間単位で予約を管理し、できるだけゲスト数を増やそう!というリゾートとは違い、利益重視に走らず、「ゲストが心からくつろげる空間を提供する」というクダドゥのおもてなしは本当に素晴らしいなと思いました。



f:id:mia-travelista:20190802105704j:plain

帰りの水上飛行機については、

TMA(トランスモルディビアン航空)管理となりますが、クダドゥは積極的にTMAへリクエストを送ってくれるのも安心。夜のフライトなのに、万が一朝にリゾート出発となってしまった場合は、マレでのホテル手配もします、と言っていました。

ちなみに今回、私たちはシンガポール航空を利用(マレ出発は夜23時頃の便)で、クダドゥでは水上飛行機最終便の17時半まで滞在させてもらえました。この話については、次回のトランスファー&ラウンジ利用時間のブログで詳細を書きたいと思います。



f:id:mia-travelista:20191207110852j:plain

最終日も清掃&アメニティリフィル

さて、出発時間は17時半頃と決まったので、お部屋でランチをすることにしたのですが、最終日も清掃をしてくれたのと、スナック類もリフィルしてくれたのにびっくり。

テーブルに乗っている瓶に入ったチップスがすごく美味しくて・・・毎日食べていたら、最終日なのに3つもリフィルしてくれていたのです。



f:id:mia-travelista:20191207110849j:plain
この日のランチは、ピザとイカ墨パスタにしました。



f:id:mia-travelista:20191207110847j:plain


f:id:mia-travelista:20191207110843j:plain
どちらも本当に美味しいけれど、私としてはクダドゥのピザが一番おすすめ。でもこれは、担当しているシェフがオフシーズンに入ると、その時によって変わると思いますので、バトラーやスタッフにオススメをきいてみると良いかと思います。



f:id:mia-travelista:20190802153431j:plain
今までのブログにも、クダドゥの細かいおもてなしを色々と書いてきましたが、それは最終日も変わらず、最後まで「とても大切にされているな」と感じられる滞在でした。さて、クダドゥの旅行記も、次回で終わりです。

続き→クダドゥからマレ空港へのトランスファー
前回→今までで一番感動したシュノーケリング

#クダドゥモルディブ旅行記