私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好き。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を望む海外ホテルリゾートでのんびり滞在&旅行記。

イリヤス氏による「チーズ&ワインテイスティング」Kudadoo Maldives Private Island

f:id:mia-travelista:20191124120524j:plain
クダドゥモルディブプライベートアイランドでのディナーも6日目、いよいよ最終日。どんなディナーとするか、バトラーのアディヒコと相談したところ、「チーズ&ワインテイスティング」をすすめられました。

私たちはお酒がほとんど飲めないので迷っていたところ、「ワインをハラルシャンパンや、チーズと合うフレッシュジュースに変更もできますよ。」と提案を受け、お願いすることに。しかも、モルディブ人初のワインソムリエ、イリヤス氏によるプライベートセッションとのことで、またそれも楽しそうだな~と。

クダドゥでは1週間と短い滞在でしたが、毎日たくさんの工夫を凝らしてくれ、とても思い出深い滞在となりました。クダドゥの滞在記を全て書き終わったら、まとめ記事をつくりたいと思います。



f:id:mia-travelista:20190730141928j:plain
セッションの前に、ザ・リトリートにあるワインセラー&チーズのお部屋を見せてもらいました。こちらはワインセラー(手前側にももう少しあります)で、AAAコンセプトのクダドゥでは、1本60万円以上のお酒以外は、全て滞在費に含まれるのです。

とは言っても、モルディブ価格の60万円~なので、一般に日本で買うなら多分20万円とかのワインだと思います。ミュジニー?とか、シャルなんとかみたいなことを言っていましたが、夫も私もお酒がほとんど飲めないのでさっぱり(´ー`)。

ちなみに、欲しい銘柄など事前に伝えれば、手に入らない希少ワインなどを除いては、準備できると言っていました。いくらからがAAAコンセプト対象外となるかは分かりませんが、たいていのことだったら対応してくる気がします。



f:id:mia-travelista:20191124120509j:plain
そしてこちらがチーズのお部屋。生ハムなどもあります。



f:id:mia-travelista:20191124120514j:plain
チーズの種類がすごく多いです。40種類くらいって言っていたかな。フレッシュ、ハード、シェーブル、カビタイプなどたくさんです。

覚えているのは、イタリアチーズだとパルミジャーノレッジャーノ、フランス→コンテ、ルブロション、ブリー・ド・モー、イギリス→スティルトン。あとは全部、もびゅーとかぽーみたいな呪文にしか聞こえませんでした。。。



f:id:mia-travelista:20191124120506j:plain
見学が終わった後に、いよいよチーズ&ワインテイスティングの開始です。モルディブといえば海!なので、オーシャンビューなのがとても嬉しい。



f:id:mia-travelista:20191124120502j:plain
生ハム、チーズ、バケット、そして蜂蜜やドライフルーツ。こう見えて量があるのと、ゆっくり食べるのでお腹いっぱいになります。ハム類はそこまで量を食べれないので、少なくしてもらいました。



f:id:mia-travelista:20191124120518j:plain
イリヤス氏は以前、フヴァフェンフシ、コンラッド、アミラフシなどにいらっしゃったモルディブ人初のワインソムリエで、知識も豊富です。モルディブ人でも厳格なイスラム教徒もいれば、仕事のためならアルコールも良し、と考える人もいるようで。

モルディブ人だからアルコールの知識が少ない、という訳ではないのだなと勉強になりました(むしろ私の方が知識ない・・)。イリヤス氏はヨーロッパ各地を渡り歩いたそうで、ワインの話だけじゃなく、食の話もたくさん教えてくれました。



f:id:mia-travelista:20191124120520j:plain
チーズと相性の良いワイン、シャンパン、フレッシュジュースや、相性の良いハチミツ。これはドライフルーツと食べると良い、など、一つ一つ丁寧に教えてくれます。



f:id:mia-travelista:20191124120527j:plain
もうお決まりのハラルシャンパン・アイシャル。お酒を飲めない私たちにとって、このハラルシャンパンは本当に嬉しい。ではここからは、何を食べたか覚えていないので写真だけ載せます。



f:id:mia-travelista:20191124120530j:plain


f:id:mia-travelista:20191124120534j:plain


f:id:mia-travelista:20191124120544j:plain
チーズによっては、スイカジュースとの相性も良いようです。ドライフルーツも指定されたのと一緒に食べると本当に美味しい。



f:id:mia-travelista:20191124120547j:plain
ブルーチーズはスティルトン。黒トリュフいりのハチミツとの相性が抜群でした。



f:id:mia-travelista:20191124120554j:plain
まるでお花のようなテット・ド・モワンヌ。ほろりとしっとりの間の食感が美味しい。スイスのチーズです。ってぶれてるし・・



f:id:mia-travelista:20191124120557j:plain
テット・ド・モワンヌはカットして食べるより、ジロールで削って食べた方が美味しいのだそう。このほろり→口の中でとろける食感と、濃厚な味が気に入って、2個目もお願いしました。

クダドゥの素晴らしいところは、こうして気に入ったものを、次の日の朝食で、とかランチで・・・と気軽にお願いできること。このメニューは朝だけ、とか、夜だけという制限がなく、本当の意味でのオールインクルーシブ、自分だけの自由な滞在を楽しめるのです。



f:id:mia-travelista:20191124120600j:plain
飲みやすい白ワインがあるので試してみますか?と言われて、一口だけ頂きました。スペインだったかな?のマーティンコダックという白ワインで、飲みやすさは・・・・うーん。。。どうもお酒の美味しさが分からない私です。甘いお酒は好きだけれど。

ゆっくり食べるのと、ドライフルーツもあるのでかなりお腹がいっぱいに。色んなチーズ、生ハムを楽しみ、楽しい会話でとても満足な時間を過ごすことができました。チーズの種類がとにかくたくさんあるので、好きな方は毎日ちょっとずつ、全種類を食べてみても良いかも。



f:id:mia-travelista:20191124120604j:plain
チーズ&ワインテイスティングが終わった後、バトラーのアディヒコが「多分、数時間後にお腹がすくと思いますが、何かデザートなど用意しますか?」と。最終日だし、ということでお願いすることに。

これもクダドゥのすごいところなのですが、メニューはあってないようなものなので、こんなものが食べたい、さっぱりしたもの、このフルーツを使った何か、などざっくり伝えると、シェフたちが工夫を凝らして用意してくれます。面倒な方はメニューから選べばOKです。



f:id:mia-travelista:20191124120448j:plain
私はチョコレートが好きなので、チョコブラウニーとバニラアイスをお願いし、夫はパイナップル(ただのフルーツ)をお願いしました。



f:id:mia-travelista:20191124120500j:plain
ザ・リトリートのバーは、ゆったりとしたレイアウトで居心地が良いです。海風も気持ち良くて。



f:id:mia-travelista:20191124120457j:plain
このライトが本物のお月様みたい。



f:id:mia-travelista:20191124120451j:plain
まずは私のチョコブラウニーが、熱々の鉄板の上に乗ってやってきました。チョコレートソースとバニラアイスも。味もとっても美味しくて、ここはなんでも新鮮なまま手に入る都会ではなく、モルディブの離島だということを、うっかり忘れそうになってしまいます。



f:id:mia-travelista:20191124120454j:plain
夫がお願いしたパイナップルは薄くスライスされて、ぱっと見はパスタのようでしょう?上にはココナッツアイスです。とても美味しかったそうです。

今回のデザートを作ってくれたのはスーシェフのハーシャル(アミラにいた方だそう)で、いかがですか?と様子を見に来てくれました。その後、F&Bマネージャーのプラディープも混ざり、モルディブリゾートの話を色々とききました。

モルディブリゾートのスタッフと話していて面白いのは、みんなネットワークが広く、色んなリゾート情報が仕入れられること。それも、スタッフ目線での情報が入ってくるのでとても参考になります。新しくオープンしたところだとジョアリが気になっていたのですが、スタッフが短期間で大量に辞めていくのが多いらしく、落ち着くまで様子を見ることにしました。他だと、ノーティラス、ラッフルズあたりも気になるし、、、、、、よし、宝くじを買いに行こう。

続き→イルカを見ながらの朝食
前回→使い放題のミストサウナ

#クダドゥモルディブ旅行記