私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好き。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を望む海外ホテルリゾートでのんびり滞在&旅行記。

クダドゥの『ターコイズブルーラグーン朝食』を体験! Maldives

f:id:mia-travelista:20191101210902j:plain
クダドゥモルディブの旅行記ですが、もはや5日目の朝となりました。この日の朝ごはんは、ターコイズブルーラグーンというセットアップをお願いしました。

ターコイズブルーラグーン朝食とはこの写真の通り、ブルーラグーンの海&ビーチにテーブルをセッティングしてくれるサービスです。

AAAコンセプト(Anything. Anywhere. Anytime.という、いつでも、どこでも、なんでも好きなことができる)のクダドゥでは、朝ご飯もただレストランに食べに行くだけじゃなくて、こうして色々なセットアップをお願いすることができます。

面倒な時はお部屋で食べたり、ブランチにしたり。頼めるメニューにも限りがなし。朝はブレックファーストメニューしかダメだとか、そんなことは一切ないのです。



f:id:mia-travelista:20191101210844j:plain
モルディブにいるだけで嬉しいけれど、こういうセットアップはリゾートならではなので、さらにテンションがあがります(=`ω´=)



f:id:mia-travelista:20191101210937j:plain
ブルーラグーン。私が想像する楽園は、まさにこれだ。



f:id:mia-travelista:20191101210931j:plain
クダドゥ滞在2日目の朝は、無人島を貸切での朝食をお願いしたのですが、その時にパラソルがなくて・・バスタオルをかぶって朝食だったんです。

なので今回はちゃんと、パラソルをお願いしました。座るところがちゃんと日陰になるようになっていて嬉しい。



f:id:mia-travelista:20191101210828j:plain
右側には、メインレストラン、バー、スパなどが入っているザ・リトリート。屋根はソーラーパネルになっていて、クダドゥで使う電力は自家発電なのです。

ソーラーパネルって人工的なものだし、リゾートには合わないんじゃ・・・と最初は思っていたけれど。そこはさすがの日本人建築家Yuji Yamazaki氏!全く違和感がないんです。ソーラーパネル部分がうまく隠れているというか、見えない作りになっている。



f:id:mia-travelista:20191101210834j:plain
この海の色。1年くらいいたら、さすがに飽きるのかなぁ。いや、飽きないだろうなぁ。



f:id:mia-travelista:20191101210831j:plain


f:id:mia-travelista:20191101210912j:plain
朝ごはんの内容です。この日はあっさり目に、フルーツとスムージーにしてもらいました。

クダドゥの良いところは、自分の好きな時間にエクスカージョンに行けるところ。〇〇のエクスカージョンは何時から、とか、お昼は〇時から、というような制約が一切ないので、毎時間ムリなく過ごせるのです。

だから、これからシュノーケリングに行くからご飯は軽めにして、戻ってきたら何か追加でオーダーしよう、とかができる。



f:id:mia-travelista:20191101210915j:plain
では、座りましょうか(=`ω´=)



f:id:mia-travelista:20191101210838j:plain
海辺での朝ご飯なので、もちろん水着を着ていきます。足を海につけると、まだ水が冷たくて気持ち良い。

でももう気温はだいぶ高く、また夏の一日が始まる!というワクワク感もあったりして。



f:id:mia-travelista:20191101210927j:plain
パイナップル、りんご、グレープなどたくさんの新鮮なフルーツがたくさん。オレンジ、ドラゴンフルーツ、グァバなども。

クダドゥの食に対するこだわりや、プレゼンテーションの仕方、量など一切の妥協を許さずという感じです。いかにゲストに食事を楽しんでもらうか、という強いこだわりが感じられます。



f:id:mia-travelista:20191101210918j:plain


f:id:mia-travelista:20191101210923j:plain
アサイースムージー。薄くスライスされたココナッツ、ブルーベリー、ナッツなどが入っていて、朝から爽やかな気分。



f:id:mia-travelista:20191101210906j:plain
1時間くらい、海を眺めながらのんびり朝食を楽しみました。パラソルもあって日差しが強くなく、とても快適。



f:id:mia-travelista:20191101210934j:plain
モルディブならではのデスティネーション朝食と、非日常をクダドゥのビーチでたっぷりと楽しみました!

朝食を楽しんだ後は、バトラーがバギーで送ろうと待機していてくれて。。それも、私たちから見えない場所でちゃんと待機していてくれました。見える場所だと、早く食べないとと気をつかってしまうゲストもいるだろうし、きめ細かな心遣いが嬉しい。



f:id:mia-travelista:20190731201341j:plain
ザ・リトリートからアイランド側に入るところにある、2本の白い木がお気に入り。



f:id:mia-travelista:20191101210847j:plain
桟橋のところでは、ベビーシャークが群れていました。一生懸命、小魚を追いかけています。



f:id:mia-travelista:20191101210850j:plain
あぁ、もぐりたいなぁ!



f:id:mia-travelista:20191101210854j:plain
前日は一日曇りで、シュノーケリングは一度しかしなかったので、この日はたっぷりと泳ぐことにしました。

2人だと見つけられない魚もいるだろうと思い、ガイド付きシュノーケリングを軽い気持ちでお願いしてみたところ、これがまた大正解!

今後詳しく書いていきますが、もぐる前にスタッフ同士で情報交換(海の生物の目撃情報)をしていたようで、イトマキエイをハウスリーフで見ることができたんです。



f:id:mia-travelista:20191101210858j:plain
4匹のベビーシャークも見ていたいけれど、お部屋に戻って潜る前の休憩をしなくては(食べてすぐ潜ると、体調をくずしやすいので注意)

2時間後にシュノーケリングのガイドツアーをお願いしましたが、読書、プールでぷかぷかしてると2時間なんて本当にあっという間。いや、モルディブでは1日があっという間なんだよね。

続き→大きなイソマグロとイトマキエイに遭遇
前回→モルディブの朝にメディテーションをしてみたら

#クダドゥモルディブ旅行記