私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好き。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を望む海外ホテルリゾートでのんびり滞在&旅行記。

お花の泡ぶろはバトラーからのサプライズ & クダドゥのお風呂の快適さ

f:id:mia-travelista:20190910105706j:plain
クダドゥモルディブ・プライベートアイランドにて、島を半周しお部屋に戻ったらなんと!バトラーがバブルバスを作ってくれていました。



f:id:mia-travelista:20190731201336j:plain
と、その前に。クダドゥのレジデンスが、いかにモルディブリピーターにとって嬉しい作りになっているか、力説してみたいと思います。

外からのシュノーケリングで戻ってきてちょっと困るのが、お部屋の床が濡れてしまうこと(私たちは)。テラスからお風呂に行けるリゾートはどこにでもあるけれど、外からお風呂へ直接というのは行ったことがなくて。

清掃が入るとはいえ、床を塗れた足で歩くのが嫌だし、水着から水が滴るし、滑りやすいし、砂も落ちたりするしで常々、外からもお風呂に直接行けたらな、と思っていました。



f:id:mia-travelista:20190801111527j:plain
それがクダドゥではなんと!レジデンスの右側に、ロック付きの扉がありまして。



f:id:mia-travelista:20190910105647j:plain
これ↑。ここをあけると、玄関前~テラスまで行けてしまうのですよ!つまり、お部屋の中を通らずに、



f:id:mia-travelista:20190802151750j:plain
外からテラスまできて、(プールに入ってもいいし)



f:id:mia-travelista:20190802151747j:plain
テラス~お風呂に繋がる通路を使えば、



f:id:mia-travelista:20190802105625j:plain
外側からも、テラスからも一切お部屋を通らずに、シャワールームへ行けてしまうのです。これはもう感動でした。

最初、防犯が・・と思ったけれど、それはテラスも同じことだし、ちゃんとお部屋はロックできるので大丈夫。



f:id:mia-travelista:20190802105235j:plain
もちろん、お風呂までもお部屋の床を一切濡らさずに行けてしまいます。



f:id:mia-travelista:20190910105715j:plain
そして話は戻りますが、島半周した後、お部屋に戻ったら、



f:id:mia-travelista:20190910105719j:plain
※一度通った道を、再現して後から写真とったので足跡がついています(=`ω´=)



f:id:mia-travelista:20190910105723j:plain
シャワーを浴びて、バスルームの椅子で座って涼もうかなと思い扉をあけたら、



f:id:mia-travelista:20190910105731j:plain
おや?(=`ω´=)!!



f:id:mia-travelista:20190910105706j:plain
バブルバスが作ってありました!お花はかわいそうだけれど、とっても綺麗。



f:id:mia-travelista:20190910105708j:plain
嬉しくて色んな角度からパシャリ。

本当に嬉しいなぁ。ちゃんと感謝の言葉を伝えられていたかなーなんて、後から思い出して考えてしまった。



f:id:mia-travelista:20190910105734j:plain
シュノーケリングで冷えた後だったので更に嬉しい。海からあがるタイミングとか見ていてくれたんだろうな~と思うと、じんわりしてしまう。

別の日にも、またお風呂を作ってくれていたり、ストロベリー&ハラルシャンパンを用意していてくれたり、毎日チョコをプレゼントしてくれたり、どうしたらもっと楽しく過ごせるかなど、一緒に考えてくれたり、ちょっとのフォローも電話じゃなく、部屋まで来てくれたり・・・・心温まることがたくさんありました。



f:id:mia-travelista:20190907111543j:plain
本当に毎日楽しかったのですが、こういうモルディブリゾートに行くと、分不相応な贅沢病にかかってしまうのが難点。。。

滞在3日目くらいになると、バトラーは好みを把握してくれて、絶妙なタイミングでサプライズをしてくれる。それも1、2回じゃなく、何度も。そして5日目くらいにはもう、帰る時のことを想像して泣けてくる。良い思い出も沢山あるはずなのに、寂しくなってしまう。



f:id:mia-travelista:20190910153523j:plain
今までは、モルディブ以外の他リゾートでWOW!と思っていたことも、感動しにくくなっている自分がいて、反省することもあります。

人の善意に鈍くならず、普通があることの幸せを忘れないようにしないとな、と思います。


続き→ハウスリーフのニモたちにご挨拶
前回→ムレハタタテダイの大群に大興奮!


タグ:#クダドゥモルディブ旅行記