私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好き。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を望む海外ホテルリゾートでのんびり滞在&旅行記。

おすすめのヴィラ方角&ファシリティ クダドゥモルディブ・プライベートアイランド

f:id:mia-travelista:20190731201428j:plain
新しくオープンしたモルディブのリゾート、クダドゥモルディブ・プライベートアイランド(Kudadoo)。全室15部屋のみのとっても小さなリゾートへ行ってきました。※リゾートの場所、詳細はこちら



f:id:mia-travelista:20190802112528j:plain
ビーチレジデンスはなく、全て水上レジデンスのみ。波が強くない日は、島を泳いで一周もできるし、魚群も色んなところにいます・・とシュノーケリングの話になるととまらなくなるので、それはまた今度。



f:id:mia-travelista:20190731201432j:plain
1と15が2ベッドルーム、その他は1ベッドルーム(310平米&広いテラス付き)。

プライバシーの観点からも、ハズレヴィラがなく、あえて言うなら、2ベッドルームの1と15はサンセット、サンライズジェティからちょっと見えたかな?という程度。

11~15側は他のリゾート島、ローカル島側が若干(ほんの少し)近いかも?1~5、6あたりはフラワリ側ですが、リゾートが遠めです。



f:id:mia-travelista:20190731203747j:plain
私たちはレジデンス4でしたが、フラワリはけっこう遠いので、景観など全く気になりませんでした(↑)。むしろ、タイド関係なしに、いつでもドロップオフに一かきで行けるし、目の前の魚群がすごいし、イソマグロも来るし、太陽が一日中あたってプールが適度に暖かいしで最高。

でも次に行くなら、完全なオーシャンビュー&どちら側にもシュノーケリングで流れられる7~9がいいな。でも7~9はドロップオフまでちょっとあり、タイドを気にしないといけないかも。すると好きな時にシュノーケリングしたい私たちにとってはちょっとな・・・ぶつぶつぶつ。



f:id:mia-travelista:20190731201315j:plain
さて、ではThe Retreatへ。こちらがレストラン、バー、スパなどが入っているザ・リトリート。屋根部分がソーラーパネルとなっていて、リゾートの電力を太陽光発電でまかなっているそう。

持続可能な電力発電、資材を使ったモルディブの次世代リゾート、今後もこのようなリゾートが増えていくといいなと思います。



f:id:mia-travelista:20190731201323j:plain
メインレストランの中へ。



f:id:mia-travelista:20190731201328j:plain
クダドゥはAAA(Anything. Anywhere. Anytime.)という、いつでも、どこでも、なんでも好きなことができますよ~というコンセプトなので、レストランも営業時間という概念がありません。

アマンのような概念に、更にスパもエクスカージョンも全部込みという、モルディブには今までになかった新しいコンセプトを提供するリゾートです。



f:id:mia-travelista:20190731201320j:plain
朝ご飯だって、メインレストランでビュッフェやアラカルトの一択ではありません。無人島貸切で、お部屋で、ラグーンビーチで、なんならボートで、とどこでもOK。



f:id:mia-travelista:20190731201331j:plain
一応メニューもありますが、あってないようなもので。あれを作って欲しい、これを作って欲しい、など毎食リクエスト制。面倒な時はおまかせで。



f:id:mia-travelista:20190731201205j:plain
日本人建築家によるデザインなので、日本人にとっても落ち着くリゾートだと思うし、日本好きな海外ゲストからの評価もものすごく高いのだそう。



f:id:mia-travelista:20190731201140j:plain
バーにはたくさんのお酒。このどこかに、招き猫が隠れてます。さぁ、探してみよう!(=`ω´=)



f:id:mia-travelista:20190731201417j:plain
客室数は15部屋しかないのに、レストランもバーも広く、隣の席ともスペースがあり、とてもゆったりしています。セントレジスモルディブのがやがや、隣が近いレストランとは大違いで、これぞ高級リゾートという雰囲気。



f:id:mia-travelista:20190731201242j:plain
ベッドに寝そべろうかな、タオルお願いしよ・・と考える間もなく、すぐにスタッフがさっと現れる。



f:id:mia-travelista:20190731201238j:plain
クダドゥには、モルディブ初のワインソムリエ、イリヤス氏もいます。お酒が苦手だけれど、本当はシャンパンのしゅわしゅわをもっと楽しみたいと伝えたら、シャンパンに似た、ハラル認証のスパークリングワイン、AISHALを教えてくれました。

お酒に弱い私たちにとっては、本当にシャンパンのような味に感じてびっくり。お酒好きな方でも、シュノーケリング、ダイビング前にちょっとしゅわしゅわを味わいたい時にいいのではないか!?なんて思ったり。これはまた次回、ちゃんと書きたいと思います。



f:id:mia-travelista:20190731201155j:plain
メインプールを利用している人は、一度も見かけませんでした。。各お部屋に広いプールがついているし、誰が利用するんだろう。



f:id:mia-travelista:20190731201151j:plain
足をプールにつけながら、ここでディナーもしましたので、また今度。



f:id:mia-travelista:20190731201146j:plain
夜は週に4回、バーで生演奏&ライブがあります。プロかと思うほどの上手な歌声をききながら、ここでぼーっと過ごすのが良かった。



f:id:mia-travelista:20190731201248j:plain
なんだか、どこかの酒蔵みたい!



f:id:mia-travelista:20190731201212j:plain
どこも風が吹き抜けていくから、すごく気持ちよい。



f:id:mia-travelista:20190731201220j:plain
リトリートの中。ここの階段をあがった2階には、



f:id:mia-travelista:20190730144440j:plain
スパ!施術室は2つで、2階にあるのでプライバシーもばっちり。1階にはヒマラヤンソルトルームもあるので、これはまた次回以降書いていきます。



f:id:mia-travelista:20190731201223j:plain
スパとの反対側、同じく2階にあるプレイエリア。こちゃっとしていなくて、すごく広々とした作り。



f:id:mia-travelista:20190731201229j:plain
海を見ながらビリヤード。



f:id:mia-travelista:20190731201336j:plain
では、レジデンス側に歩いていきます。クダドゥはすごく小さな島ですが、どこへ行くにも必ずバトラーがバギーで連れて行ってくれるんです。だから最初は島の中の写真とか撮るタイミングがありませんでした。



f:id:mia-travelista:20190731201341j:plain
アイランド側に入る時、まず目につくのがこの白い2本の木。



f:id:mia-travelista:20190731201345j:plain
なんだかすごく良い!!



f:id:mia-travelista:20190731201349j:plain
オニカッコウの声が聞こえてきてわくわく。ヒョホー!となく鳥です。



f:id:mia-travelista:20190731201354j:plain
そういえば、所々お花が植えられていて、またそれも素敵でした。



f:id:mia-travelista:20190731201252j:plain
モスク。どのモルディブの島もモスクがあるそうですが、ほとんどのリゾートは見えないようになっているんだそう。8回目のモルディブでしたが、島にモスクがあること、それまで知らなかったよ。アザーンが流れないのは、ゲストへの配慮なのかな。。好きなんだけれどな。



f:id:mia-travelista:20190731201255j:plain
ビーチレジデンスがないので、気兼ねなく歩けます。



f:id:mia-travelista:20190731201302j:plain
ハンモック。こんな島に住めたらなー。



f:id:mia-travelista:20190731201308j:plain
ヴィラレジデンスです。

左右、手前側に見える、たくさん小部屋がある建物は、「自分のバトラーやメイド」を連れてきた場合、そこに泊まらせるって言っていました。リゾートのバトラーじゃなくて、慣れている自分のバトラー、メイドが良いんだって。

以前、アフリカのSARUNIリゾートを訪れた際、プライベートセスナから自分のメイド連れで旅行に来ている夫婦が降りてきて、こんな人たちもいるんだな~と、びっくりしました。



f:id:mia-travelista:20190731201312j:plain
そうそう、右側の桟橋周辺では、



f:id:mia-travelista:20190731201402j:plain
朝はベビーシャークがけっこう群れていました。



f:id:mia-travelista:20190731201405j:plain
モルディブって、1日が本当に早くて、いったいどのくらいいたら、心底満足できるんだろう。1か月とかいたら、そろそろ帰りたいなとか思うのかなー。いや無理だろうなぁ。



f:id:mia-travelista:20190731201413j:plain
次回から、お部屋の中について書いていきますが、今までの旅行記は、モルディブに限らず、朝ご飯なら5日分まとめて、シュノーケリングももぐった回数じゃなくて、エリアごとに1回にまとめて、なんて書いていました。

けれど今回からは、日記形式で書いていこうと思っています。その方が、写真の整理もすごく楽だし、使える写真が多くなると気がついて・・・・。今までは、これは水上ヴィラ側のシュノーケリング、これは朝ご飯@レストラン、これは〇〇とか、写真整理にすごく時間を使っていたのだ(´ー`)

1回の記事でまとめると、400枚あるうちの30枚とかしか使えないし、朝ご飯、ディナーとかも使っていない写真が多くて・・・・とてももったいないことしていたな~と、今さら気がつきました。

続き→ハウスリーフ・シュノーケリングマップ
前回→マレラウンジ&水上飛行機移動

タグ:#クダドゥモルディブ旅行記