私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

Café de l'Operaでアフタヌーンティー ホテル・カラベルサイゴン

f:id:mia-travelista:20190625103437j:plain
2019年3~4月にかけて滞在したベトナム・ホーチミンにて、5つ星ホテル・カラベルサイゴン(Caravelle Hotel Saigon)へアフタヌーンティーに訪れました。あまりおすすめはしないのですが、情報として残しておきたいと思います。


(1)カラベルサイゴンの場所


私たちが滞在したザ・レヴェリーからは徒歩で4分ほどという近さ。ザ・レヴェリー宿泊記はこちら


(2)Café de l'Opera・アフタヌーンティー感想

f:id:mia-travelista:20190625103443j:plain
ホテルのメインエントランスに入り、右側に歩いたところにアフタヌーンティーを頂けるCafé de l'Opera・カフェ・デ・オペラ(←カラベルHPに載っていたカタカナに合わせました)があります。

予約ですが、カラベルHPにあるメールアドレスへ送ったところ1週間待っても返事がなし、なのでベトナムに着いてから電話で予約をしました。が、当日行ってみたら「予約がない」と。お料理もかなり微妙だったので、メールの返信がない時点で行くのをやめるべきだったかな、なんて思いました(;´Д`)



f:id:mia-travelista:20190625103450j:plain
レストランの中。雰囲気は悪くないです。



f:id:mia-travelista:20190625103446j:plain
がしかし!テーブルが小さいです。。。。このテーブルで2人でアフタヌーンティーとはっ。



f:id:mia-travelista:20190625103453j:plain
紅茶はロンネフェルト。種類は6種類くらいだったような?



f:id:mia-travelista:20190625103440j:plain
アフタヌーンティーはベトナム式か英国式か選べます。金額は一人2,000円ほどだったのですが、正直このクオリティに2,000円出すなら、6つ星ホテル・ザレヴェリーの飲茶の方が絶対良いです。。

テーブルも小さく、アフタヌーンティーのスタンドは高さもあるため、紅茶を奥からとって注ぐのも一苦労なんです。



f:id:mia-travelista:20190625103456j:plain
私が頼んだベトナム式アフタヌーンティー。左上のパパイヤサラダらしきものは美味しかったです。けれど、ハンバーグのようなものはぱさぱさ、ベーコンのキッシュのように見えるものは、ものすごく甘いカスタードプリンで一瞬、頭が混乱しました(゜.゜)。右下のココナッツがはいった春巻きみたいなのも、その下のいれものに入っているチェ―も不思議な味・・・?



f:id:mia-travelista:20190625103428j:plain
夫の英国式アフタヌーンティー。



f:id:mia-travelista:20190625103432j:plain
チキンパイのようなものも味がしなく、パンもへにゃっ(´ー`)としてたそうです。ベトナムは同じ2,000円でも、食材も良いものを使っていて見た目も凝っている、味も素晴らしく、サービスも素晴らしいレストランもあれば、あれ?という味でサービスもあれれ?というレストランもある。不思議だな、と思いました。



f:id:mia-travelista:20190625103434j:plain
マカロンもぱさぱさ、タルトのようなものもモサッと湿気を吸っているような・・・・と夫が言っていました。なので評価は×です。。まだブログには書けていませんが、同じ金額を出すなら、Hum Vegetarian、Xu Lounge、インターコンチネンタルの飲茶(Yu Chu)などの方が良いですよ~。(2019年4月時点情報)

(3)ドレスコード

アフタヌーンティーでのドレスコードは、男性はハーフパンツでもOKでした。サンダルは避けた方が無難。女性はロングパンツ、カジュアルなワンピースの方が多かった印象です。ドレスアップの必要は全くなし。予約はメールも返ってこないし、電話でもまともにできていなかったので(。-_-。)、平日でしたら予約なしで大丈夫なのではないかと思います。

#ホーチミン