私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

モルディブ ディガリリゾートでおすすめのヴィラカテゴリー

f:id:mia-travelista:20190112134859j:plain
2019年1月、7回目のモルディブでは、2017年にオープンしたばかりの新しいリゾート・ディガリモルディブ(Dhigali)に滞在してきましたので、旅行記を開始します。

ディガリはラア環礁にあり、マレからは水上飛行機で約45分。有名なハニファルベイ(ぐるぐるマンタ)が見れるバア環礁の少し上の方に位置しています。雨期にはハニファルベイへのシュノーケルツアーも催行しているリゾートでもあります(2019年1月時点情報)。



f:id:mia-travelista:20190112131309j:plain
ディガリのヴィラカテゴリーは8つ、①ビーチバンガロー、②デラックスビーチバンガロー、③ウォーターヴィラ(水上ヴィラ)、④ビーチヴィラ、⑤プール付きビーチヴィラ、⑥プール付き水上ヴィラ、⑦プール付きビーチスイート、⑧ディガリスイートです。ヴィラ数も多く、今まで私が訪れたモルディブリゾートの中では、かなり大きめな島です。



f:id:mia-travelista:20190125153002j:plain
アイランドマップを見ての事前調査&実際訪れてみての感想ですが、個人的にオススメなヴィラは③の水上ヴィラです。本当はプール付きの水上ヴィラが好き(=`ω´=)なのですが、ディガリのプール付き水上ヴィラは、プライバシー重視だとちょっと微妙になる可能性があります。



f:id:mia-travelista:20190125151059j:plain
水上ヴィラはサンドバンク側を向いているヴィラと、逆を向いているヴィラがあり、後者のヴィラに通されればプライバシーばっちりですが、サンドバンク側だと丸見えなんです!※サンドバンクバーは毎日朝9時頃~夜中までオープンしています。こちらの画像はDhigali HPより




f:id:mia-travelista:20190112131331j:plain
上の写真よりサンドバンクはずっと奥まで続いているのと、サンドバンクはその綺麗な景色から、昼もみなさん体を焼いていたり、写真を撮っていたり・・・・サンドバンク側のヴィラだと、自分のテラスが常に人から見える状態なので、あまり落ち着かないかと思いました。



f:id:mia-travelista:20190125154154j:plain
比べておすすめの水上ヴィラ(ピンクで塗ったところ)は、どこもプライバシーが確保されていてハズレのヴィラがなし。シュノーケル目的の方は、船着場(砂が舞っていて濁っている)、⑨⑭のレストラン側(波が強く砂が舞っている)をさけた真ん中あたりを希望すると良いです。

特に私たちが滞在した615はリーフの透明度も高く、ニモもたくさんいたので良かったです。(612~617のあたりがオススメ)



f:id:mia-travelista:20190125151048j:plain
こんなニモが20匹以上いました!詳しくは写真のまとめが終わったら、シュノーケル記事でご紹介します♪



f:id:mia-travelista:20190125151051j:plain
ちなみにディガリでは、水上ヴィラからバー、ビーチヴィラ側シュノーケルスポットへの移動は基本的にバギーになります。(遠すぎるのでね・・)



f:id:mia-travelista:20190125151056j:plain
バギーを呼ぶことも可能ですが、スマホにアプリをいれるか、リゾート内のバギーストップにあるボードを見ると、今バギーがどこを走っているか分かるようになっています。



f:id:mia-travelista:20190125151032j:plain
バギーの数は少ないですが、私たちは島の中をお散歩が大好きなので全く苦になりませんでした。ふかふかの砂を踏みしめながら歩いたり、風の音をきいたり、ヒョホー!と鳴く鳥の声が大好きなのです(=`ω´=)



f:id:mia-travelista:20190125151009j:plain
朝のお散歩。



f:id:mia-travelista:20190125151017j:plain
何度見ても、モルディブの砂浜の美しさと海の透明度は奇跡だと感じる。



f:id:mia-travelista:20190125151024j:plain
ディガリには7種類のレストラン&カフェがあるので、長期滞在でも飽きないと思います。が、1週間に2回Movie nightがあり、風が強い日はヴィラまで爆音が・・しかも夜の23時まで(-_-)。静かに過ごしたいならば、あまりオススメしないリゾートではあります(良いところも沢山あったけれど、残念ながら上記の点から、私たちも再訪はないです)



f:id:mia-travelista:20190125151102j:plain
共有のプール。ここにEastというバーもあります。



f:id:mia-travelista:20190125151112j:plain
これ、一家に一台欲しいよ・・・・



f:id:mia-travelista:20190125151108j:plain
夕暮れのビーチ。



f:id:mia-travelista:20190125151105j:plain
バーを抜けた先が、Capersというメインレストランです。私たちは、モルディブではいつも朝食のみプランにし、その日の気分で好きなレストランやインヴィラダイニングをするのが好きなのですが、ディガリではなんと無料でハーフボードにアップグレードしてくれたので、Capersで朝、晩とほぼ毎日食べていました。こちらご紹介もまた今度。



f:id:mia-travelista:20190125151037j:plain
そして気になる(?)シュノーケルセットは・・・・40点!!

チェックイン時にそもそもシュノーケルセットの在庫がなく、1日目はシュノーケリングがほぼできなかったばかりか、マスクがだいぶ壊れていました。



f:id:mia-travelista:20190125151045j:plain
シュノーケル→ドライトップじゃないのは仕方がないけれど、シュノーケルが安定せずヘニャヘニャするので、高い波が来るとマスクに海水が入ってきます。高い波が来なくてもヘニャっとなるので海水が入ってきます(←ダメじゃないか・・)。左手で常にシュノーケルを持ち続けないと安定しませんでした。



f:id:mia-travelista:20190125151042j:plain
マウスピース部分は〇。また、オーシャンセンターのスタッフは親切だったのも良かったです。2018年9月にセントレジスモルディブを訪れた際のトラウマから、戦々恐々とディガリのオーシャンセンターへ向かいましたが、若干眠そうなスタッフはいたものの、ステファンという多分イタリア人の男性スタッフがとても愉快で安心しました。シュノーケルツアーでも終始親切にしてくれたのでした。

そうそう、今までモルディブでは何度も外洋シュノーケルツアーに参加しましたが、今回、人生で初めて強いカーレントにつかまり、参加者全員がドロップオフ上を流され、前にも後ろにも進めない状態に!この体験記は、また別記事で。(さっきからそればっかりだけれど)



f:id:mia-travelista:20190125151054j:plain
ディガリのクリーニングは、モルディブにしては良心的な金額でした。Tシャツが5ドル++ほど(比較情報として、セントレジスは12++)。モルディブのクリーニングって悩みどころです。暑いから汗かくし、それを長時間置いておくのは嫌なので、結局はクリーニングをお願いするしかないのですが、何せ高い!!あぁ、ドラえもんがいたらなぁ。



f:id:mia-travelista:20190125151400j:plain
前述のとおりリゾート内にはサンドバンクもあり、そしてそこにはHaali barというバーもあります。ディガリ旅行の写真を今整理中なので、順次ディガリの情報を書いていきたいと思います!

www.mia-travelista.com
www.mia-travelista.com
www.mia-travelista.com