私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ、中東好きな私の旅行記。絶景を見に行くだけじゃなく、絶景を楽しめる海外ホテル&リゾートでのんびり滞在。

モルディブでチップはどうする?相場は?

f:id:mia-travelista:20180730202351j:plain
高いサービス料を支払うモルディブで、義務ではないチップを渡すのかどうかとても気になる方もいらっしゃるかと思いますので、今回は、ちょっと気になる?モルディブでのチップについて、個人的な感想ですが書いてみます。(書いている時点で、モルディブに8回訪問済みです)


(1) チップあり・なしだとサービスは違う?

私たちはモルディブに8回訪れましたが、たいていのリゾートであれば、結論から言うと渡しても渡さなくても受けれるサービスは、変わらいと思うです。

1~5回目、7、8回目のモルディブリゾートではチップあり・なしに関わらずスタッフの対応は全く変わらなかったです。スタッフ皆さん親切だし、チップなんていらないよという人たちがほとんど。ビーチリゾートだと泳ぐから、現金を持ち歩かないこともほとんどで渡し忘れてしまうこともありましたが、皆さん渡しても渡さなくても親切にしてくれました。

<2018年10月追記>

2018年9月に訪れた6回目のモルディブ、セントレジスでは、最初の3日間くらいは日本人バトラーKさんに1日約8~20ドルほど渡していました(特にこれといった良いサービスは受けておらず、カート送迎手配ありがとう&これからよろしくお願いしますという意味を込めて)。

しかし、この方は、熱中症になった夫に対しドクター連れていきます、なんて嘘をつき有料の薬だけ持ってきて、「だって頭痛いんですよね?」という方でした。その上、悪くないスタッフが悪者にされ、マネージャーから謎の電話がかかってきたり、人としてあり得ない態度だったり。。。このような方が担当になってしまったり、変なリゾートに行ってしまうと、チップを渡すと、逆に嫌な気持ちになるのだなと勉強になりました。

今は

今でもちゃんと、毎回渡しています。ただし・・・・。スタッフもゲストも対等ですし(お客様は神様ではない&スタッフの方が偉いわけでもない)ちょっとミスがあったからと、渡すのをやめることはしませんが、対等であるからこそ、人としてとても失礼なことをされたら、すぐに渡すのをやめます。


(2) チップを渡すなら・相場

f:id:mia-travelista:20180530094317j:plain
これは人それぞれなので、思った金額を渡すのが一番だと思います。チップなしでも、1ドルでも100ドルでも正解はないと思います。なので下記は参考程度にどうぞ。

清掃の方

→朝2~5ドル、夕方のターンダウンで2ドルほど。ここにバスタオル欲しいんだな、と思うところを把握してくれたり、私の化粧品を綺麗に並べてくれたりするスタッフなら、朝5ドル、夜のターンダウンで3ドルほどです。

ミライドゥの清掃の方は、お風呂を作っていてくれたりととても親切だったので、20ドルとか数回渡したりしました。清掃の方でそこまでしてくれるって、めずらしいです。清掃ってベッドシーツかえたりなど力仕事もある上に、モルディブでは給与も高くないので、親切な担当者と出会えれば多めに渡します。

関わりの多いレストランスタッフ

→基本、毎回2~4ドルくらい。素晴らしい対応をしてくれたら多めに。

バトラー

→最初の挨拶では10ドル~。その後、色々ときめ細かいサービスをしてくれたら、都度8ドルくらい~渡します。素晴らしいセットアップをしてくれたら、1回につき20ドル~。クダドゥのバトラーはクリーニングに出した洋服も、全部クローゼットに戻してくれたりなどきめ細かいサービスでしたので、多めに渡しました。

私のチップへの考え方

旅行に行くお金があるのなら、彼らの給料を考えた際、少しでも渡してあげたいな、と思うんです。モルディブでのディナーって200ドルとかかかってしまうところも多いですし、そのディナーが数回増えたくらいの気持ちでチップを用意しています。

別にお金があるんです、とかそういうわけではないのです(あったら、1回につき、一人100ドル~とか渡すだろうし)。ただ、モルディブリゾートで働いているスタッフの給与を考えた時に、こんなに親切にしてくれて美しい島に滞在させてくれるなら、感謝の気持ちを少しでもお金で渡そうと考えているのです。


しかしこれは人それぞれなので、渡したいと思った時に、渡したい金額を渡すのが一番良いかと思います。5つ星だろうと1つ星だろうと関係なく、良いリゾートに行き素晴らしいスタッフに出会うと、渡したいと思える時が来ると思います。



f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain
朝暗いうちから浜辺を清掃しているスタッフ、部屋の清掃でも、タオルを床に置きたい場所(ビーチリゾートではこれ重要)を一回で覚えてくれて、滞在中ずっと、同じ場所にタオルを置いてくれたり、ゴミひとつ落ちていない島を見る度、心が穏やかになり感謝からチップを渡したい気持ちになります。


(3) チップを渡す準備

ちなみに、モルディブでチップを渡そうと考えている方はUSドルを細かく両替していくと良いです。なるべく綺麗なお札(落書きがない、ボロボロじゃない)を持っていくと、より良いかと思います。


渡し方は世界共通のとおり、握手をする時にさっと。モルディブ人はイスラム教徒がほとんどなので、右手で渡すと良いです

レストランだとサイン不要のモルディブリゾートもありますので(全スタッフがゲストを覚えてくれているクダドゥプライベートアイランドとか)、チェックに挟むというのができない・・・そんな時は、話しかけてちょっと無駄話(?)して、最後に握手でさっと。



タグ:#クダドゥプライベートアイランド旅行記 #ミライドゥ旅行記 #セントレジスモルディブ旅行記