私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

20180408180339

セントレジス・モルディブのサービスがひどすぎて呆れました(オススメしません)旅行記開始

2018年9月、6回目のモルディブ滞在に訪れたセントレジスヴォンムリリゾートですが、とても高級リゾートとは思えない対応が多く呆れてしまうレベルでした。トリップアドバイザーの口コミ件数に対し、普通~悪いの口コミが多く疑問ではあったのですが、ネガティブなコメントをあまり気にしない私から見ても、過去最悪な出来事の連続に納得するほど。モルディブといえばハネムーン先でも人気ですし、セントレジスブランドにある程度期待して行かれる方も多いと思いますので、一つの参考意見として、あった出来事をブログに書き残しておきたいと思います

その前に・・・・私は細かいことは気にしない性格ですし、完璧なサービスを求めたりだとか、気持ちを察して欲しいだとか、そんなことは一切要求しないです。嫌なことがあってもいちいちクレームなんか言わないほどの面倒くさがり屋。なので今までのブログでもスタッフの細かいミスだとか一切書いていないですし、気にもしなければ、覚えていないくらい。

そんな私でさえ、これは・・・・という対応が続きましたので、細かいことも思い出し、覚えている限りで全て書きたいと思います。以下、ネガティブな内容になりますので、嫌な方は読み飛ばしてください!!m(_ _)m



(1) 熱中症Ⅱ度になった夫に対し、診察さえしてくれないリゾートのドクター、それどころか・・・・

f:id:mia-travelista:20181005222214j:plain
2018年9月時点、セントレジスモルディブの日本人スタッフは1名。私たちのバトラーだった女性の方です。Kさんとさせて頂きますが、この方にバトラーとしても、スタッフとしてもあり得ない対応をされました。

長くなりますが、どんな対応だったかをさっさと知りたいという方のために、簡単にまとめると・・・

  • セントレジスではドクターがいるのに、1度目ドクターをお願いしても来てくれない(バトラーから今ドクターと向かっていますと言われたのも、なかったこと扱い)
  • ドクターまで話が伝わらず、ドクターの往診なしにバトラーが勝手に、有料の薬をドクターの許可なしに持ってくるらしい
  • 熱を測ってくれとお願いしても、壊れた体温計で測る(測ったふり)のみ。あきらかに熱があると訴えても、触診さえなく熱中症の症状を見逃す
  • ドクター往診なしに、バトラーが頭痛薬を持ってきても安心して飲めないと伝えても、バトラーは「頭が痛いんですよね?」的な対応。いや、高熱もなんだけど・・・・
  • その後、マネージャ―から意味不明な電話で、本来ドクターを最初に呼んでくれた親切なスタッフが悪者扱い

という内容です。お時間のある方は詳細をどうぞ↓


<詳細-長いです>
セントレジスモルディブ滞在の最終日、水上飛行機の出発が15時だったため夫も私も昼の12時には荷物パッキングも終え、ヴィラでくつろいでいました。すると、みるみる夫の調子が悪くなりかなりの高熱が出てきたのです。触ると明らかに熱く、頭痛も訴えはじめました。

ちょうどその時、お願いしていたルームサービスが運ばれてきたので運んでくれたスタッフの男の子に、「体温計はある?夫が熱を出しているんだけれど、私たちの体温計はもうパッキングしてしまって・・・」と伝えたところ、その男性スタッフはすぐに私たちの目の前で電話をし、セントレジス専用のドクター(大きなリゾートだと駐在のドクターがいたりします)を呼んでくれました。するとバトラーのKさんより電話がかかってきたので、「熱と頭痛があるのでドクターをお願いできますか」と状況を説明。日本人バトラーのKさんははっきりと、「今からドクターを連れて向かいます。ただ、ドクターの往診は無料ですが、薬が必要となれば薬分は有料となります。」と言いました。もちろん健康第一なのでOK。

しかし20分後に現れたのはKさん一人。大丈夫ですか?の一言も、夫の状況を見るでもなく、玄関先で何の説明もなくただ一言「この薬(←有料)を飲んで、良くならなければまた連絡ください。」と。びっくりして、ドクターの往診なしに薬を飲んで良いのですか?熱があるみたいなのです、ときいても「薬を飲むようにとドクターが言っていました」だけ。ここで私も、ドクターをすぐ連れてくるよう強く言えば良かったのですが、その時は熱中症だと気がつかなかったのです。まぁそれはバトラーのKさんもそうでしょうし、ドクターも「熱と頭痛」だけでは熱中症と判断できなかったのでしょう。ここまでの対応はまだ許せるとして(といっても、5つ星リゾートでは考えられないレベルですが)、あり得ないのはその後です。



f:id:mia-travelista:20181006120016j:plain
20分ほど様子を見ていたところ、さらに熱があがってきて頭痛も激しくなってきました。さすがにおかしいと思い電話。ドクターの往診をどうしてもお願いしたい旨伝えたところ、最初に「ドクターと今向かいます」とKさんに言われてから1時間後、やっとドクターが来てくれました。しかし、私たちのヴィラにつくなり、ドクターも日本人バトラーKさんも明らかにやる気のない態度。そして一言、「薬を飲め。」だけ。熱を測るでもなく(触診さえしなかった)、夫の様子をうかがうでもなく、です。


「明らかに熱がある」と伝えても触診さえせず、私が強く診察を要求して初めて体温計(セロテープで巻かれていた)を出し夫の熱を測り、壊れているのかは分からないけれど、何のアラームもならないままに夫から取りだして一言「36.7度。平熱だからできることは何もない。」です。(ちなみにその後、こんなに熱いのに熱がないわけない、と荷造りしたスーツケースからわざわざ体温計を出し測ったところ、38.4.度でした。その後、マレの病院に行くことになったのですが、マレの病院で処置&点滴した後に37.4度でした。点滴の前はもっと高かったそうですが、夫は意識が朦朧として覚えていないそうです)


「こんなこときいても仕方ないけれど、何故1時間前にすぐに来てくれなかったのですか?往診もなしに突然薬だけ渡されても安心できない。」と伝えたところドクターは「1時間前?そんな話はきいていない。5分前に知った。」だって。え、だったら1時間前の「今ドクターと向かっています」は何だったの??薬はドクターが出すんじゃなくて、スタッフが勝手にとれるものなの??

さらに日本人バトラーのKさんが言った一言「(薬だけを届けたのは)頭が痛いと言っていたので。」セントレジスではドクターがいるのに、ドクターをお願いしてもどうやらドクターまでは話が伝わらず、往診なしにスタッフが勝手に症状を診断し、薬をドクターの許可なしに持ってきてくれるリゾートのようです。(←嫌味)


デリバリーしてくれた男の子は目の前でドクター呼んでくれているし、コールログ残っていると思うよ、と伝えたらちょっと変な間が空き「確認します。」と。そう言ってドクターと一緒にそのまま去っていきました。でも更に驚いたのが、その後、マネージャーを名乗る男性から突然電話がかかってきて、「デリバリースタッフがちゃんとドクターを呼んでおらず申し訳ない。」という謎の謝罪。えーーーーー!?別に謝罪なんて求めてないのに突然の謝罪、しかも内容が全然違う。


デリバリーしてくれたスタッフは、目の前でドクターを呼んでくれたし、何よりその3分後に日本人バトラーのKさんから電話きて、「今からドクターと向かいます」って言っていたよ。何故ちゃんと対応してくれたデリバリーのスタッフが悪いことになっているの?彼は悪くない。それもKさんに説明しました。と伝えても聞く気がないのかスルー。ちなみに私は子供の頃から海外に住んでおり英語を話せますので、通じないとかそういうことではないです。本当に聞く気がない残念なマネージャーでした。ちなみにこのマネージャー、帰りの水上飛行機待ちの時にも、「さっきは電話で失礼しました。ご主人は大丈夫でしたか?最高の時間は過ごせたでしょうか?」ってきいてきたよ。どこかおかしいの?大丈夫??


その後バトラーのKさんがチェックアウトでお部屋にやってきましたが、無理をする夫の様子をうかがうでもなく、何もなかったかの対応。一言もフォローの言葉も、自分のおざなりな対応に対する謝罪もなし。こちらから一言、「ちなみに自分たちの体温計で熱を測りましたが、38度以上ありました。もしかしたら、あのドクターの体温計壊れているかもしれませんよ。」とKさんへ伝えたところ(嫌味でもなく、普通に伝えました)、「あ、そうですか。」のどうでもいいなぁ・・・という感じの一言で終わり。



f:id:mia-travelista:20181006120033j:plain
結局そのまま水上飛行機に乗ったわけですが、尋常でない汗が出てきて嘔吐してしまった夫。マレにつくなり、セントレジス・マレラウンジのスタッフに連れられてTree Top Hospitalという病院へ行き処置と点滴を受けたところ、熱中症Ⅱ度でした。リゾート島ではもちろんできる対応は限られますし、点滴などは無理なのは分かっています。それでも、触診すれば熱があったことは分かったでしょうし、氷くらい手配はできたと思います。また私たちも、水分をとっていても熱中症になりうる、ということを知っているべきだっただろうし、ちゃんと対応をしてもらえるよう強く言わないとダメだなと勉強になりました。といってもあり得ない対応だけれど。

余談ですが以前、アマンガラに滞在した際、裸足で石ころを踏んでしまい、スタッフに絆創膏があるかきいたところ、絆創膏と消毒液を持ってきてくれたのです。それも毎朝、毎晩お部屋に絆創膏を置いていてくれました。うーん、セントレジスモルディブの方が、はるかに滞在費用高いんだけれどなぁ・・・・(←嫌味)

今回のセントレジス滞在がこの出来事だけだったら、不運だったねで終わり、わざわざブログにこの出来事も書こうとは思わなかったでしょう。しかし違うのです。全体を通して日本人のバトラーKさんは表面上は冷たい感じではないし、それまでお願いしたこと(カートでの移動とかレストラン手配とか)はやってくれる人ではあります。しかし、本当の高級リゾートでのバトラーサービスに慣れている方(私たちはそんなに慣れているわけではないけれど)は、かなり失望感、違和感を感じてしまうのではないかと思います。ずば抜けて素晴らしいスタッフも5名ほどいましたが、話す機会のあった他の多くのスタッフはさらに最悪だったのです。


(2) マレ周辺のモルディブリゾート、格下(?)のリゾートを馬鹿にするような態度のスタッフたち

すべてのスタッフではないのですが、セントレジスモルディブのスタッフの中にはとても無礼な人たちがいました。接したスタッフの中で素晴らしいスタッフは5名ほどでしたが、その他話したスタッフたちは並かそれ以下です。

モルディブに行くと良く聞かれるのは、「モルディブは何回め?」「今までどこのリゾートに行ったの?」です。モルディブは6回目、行ったのは○○と、、、、という話の延長で、今後行きたいリゾートは?と聞かれることも多いです。スタッフとしては、「もちろんセントレジスに戻ってくるよ!」という回答を期待しているのかもしれないけれど、私は正直に、「シュノーケルが大好きだから、ハウスリーフが良いと噂のバロス、フヴァフェンフシ、アンサナあたりを来年考えているよ。」と伝えたら、「え、マレの近く!?(←すごく嫌味な言い方)」だって(-_-)。

他のスタッフでも何人か、根拠のない「セントレジスが最高」という態度、「セントレジスは他のリゾートに比べて最高の食材を使い、最高のスタッフをそろえている」というコメントが多々。誇りを持つのは良いことだけれど、他のリゾートをけなすのは良い気持ちがしないし、マネージャーも含め、セントレジスモルディブのトリップアドバイザーのコメントをみんなで見たほうが良い思う。普通~悪いに書いてあるコメントのほとんどが本当だと思うよ。

一部のスタッフ(スパのレイチェル、Whale barのセバスチャン、マレラウンジのシアン、オリエンタルのニッピ、ジャリール)はずば抜けて素晴らしかったので、今後の旅行記で詳しく書いていきたいと思います。


(3) 部屋の前までドローンが飛んでくる

9月、セントレジスモルディブの客層はアメリカ人、中国人が多かったです。しかもドローンOKなリゾートなようで、1~2日に1回は島のどこかでドローンが飛んでるのを見かけました。私たちは滞在中、3回もヴィラのテラス目の前までドローンが飛んできました

セントレジスの水上ヴィラはお風呂もガラス張りですし、水着一枚、テラスでくつろいでいたからすごく嫌な気持ちに(スタイル抜群だったら見せつけてやるんだけどなぁ(=`ω´=)←?)。でも例え写真を撮ってなかろうと、誰かが自分の家にカメラ向けていたら嫌じゃない?ドローンOKにするならせめて、人のヴィラの前まで飛ばさないようルールを徹底してほしいなぁと思います。


(4) 水上ヴィラにいるのに、どこかから必ず見える

f:id:mia-travelista:20181006114356j:plain
セントレジスのアイランドマップを見ていただくとわかるのですが、どのお部屋のカテゴリーも微妙なヴィラが多くあります。モルディブ好きでプライバシー感を大事にする方はきっと、このアイランドマップを見ただけであれ?となるかと思います。これ実は、プライバシーにあまり配慮がない造りなんです。どこかのレストランからヴィラのテラスが丸見えだったり、島側から丸見えだったり、お互いのヴィラにいると目があったり・・・・。これは今度、お部屋の選び方の記事で詳しくご紹介します。

日本の温泉、ホテルでも、1泊何十万出して、どこかから見える部屋に泊まるってあり得ないと思う。言葉は悪いですが、限られたスペースにできるだけヴィラを作ってやろうという利益重視すぎるリゾートなのかなと思いました。ラグジュアリー=プライバシーも大事だと私は思うのです。


(5)  レストラン・バーで常にお客さんが手をあげている

Whale bar, Albaなどのバー&レストランは、顧客の数に対してスタッフの数が足りていないようで、常にお客さんがスタッフを呼ぶために手を挙げている光景を目にしました。しかも来るまでに時間のかかることといったら・・・・。そこまでたくさんのホテル、リゾートに行っているわけではありませんが、今まで訪れたリゾートでは見たことのない光景でびっくり。

手をあげるのはもちろんどんな高級レストランでも多少なりあると思いますが、セントレジスのは次元が違うのです。私のイメージや今までの経験では、ちょっと目くばせとか軽く手をあげるとすぐに気がついてくれるのが多かったのですが、セントレジスはまずスタッフがいない!本当にいない。たまにいて手をあげても、気がつかれない。余裕がないのかいつもそんな感じで、常にお客さんがキョロキョロ、あ、あの人また手をあげてる、あそこもだ、私たちのところにはいつきてくれるの??という感じ。他のモルディブリゾートより高めの料金をとっておいてそれはないでしょう、と思うよ。

あとこれは細かすぎるかもしれませんが、注文したものが忘れられる・・・・!!まぁ、人にミスはつきものです。でも、ちょっと多かったなぁ。チーズケーキ食べたかったのに、2回とも忘れられて諦めました。


(6) お客さんの前でスタッフをしかる(?)マネージャー

f:id:mia-travelista:20181006124715j:plain
これは私の想像なので間違っているかもしれません。でも、白人のマネージャーがWhale barでスタッフを呼びつけ小声で話しているのがとても異様な光景だったのです。というのも一緒にいるスタッフの顔がこわばっているからなのです。実際は違うのかもしれないけれど、あれでは怒られている??と思われても仕方ないし、お客さんの前ではやめたほうがいいと思います。

しかもモルディブセントレジス最後の夜、Whale barを出る時に、私たちにとてもよくしてくれたセバスチャンというスタッフがその白人のマネージャーに小声で色々言われていたのです。セバスチャンの顔もやっぱり強張っている。最後の夜だったので、目の前でセバスチャンとマネージャーの二人に挨拶したところ気がついてくれなかった・・・本当に目の前で言ったのですが、話に夢中だったのかもしれません。もしくは私たちが虫か何かに見えたのかもしれません(←嫌味)。印象がすごく悪いし、こんなこと他の高級リゾートでも星のないリゾートでも経験したことなかったので驚きました


(7) 朝食レストランでスタッフがミーティングしている、のに・・・・

f:id:mia-travelista:20181006124728j:plain
これは細かいことですが、朝食のAlbaではカトラリーの交換もなし、飲み物は最初に聞かれるだけ、あとは放置なので、やはりここでもお客さんが常にスタッフを呼んでいます。お願いした紅茶のミルクもこなかったりします。まぁそれは良いとして。

ある日の朝食の際、なぜかAlbaで例の白人マネージャーがパソコンを広げてスタッフとミーティングをしていたのです。別にそれは良いんです、あぁアメリカっぽいなぁと最初は思っていたけれど、スタッフはマネージャーのコーヒーリフィルに一生懸命。でやっぱり、お客さんは手をあげたり、気がつかれないから、隣のあいているテーブルからカトラリーをとったりしている人もいました。ここはセルフサービスかい、と思わず一人でツッコミをいれてしまったよ。

別にミーティングをお客さんがいるところはするのは良いけれど、マネージャ―はお客さんの行動をみて何も思わないのかな。


(8) ダイブセンターのスタッフの対応が無礼を通り越している

セントレジスモルディブ、ダイブセンターのスタッフは本当にひどかった。トリップアドバイザーの口コミ(英語)にもありましたが、とにかくひどい!出会った中には1名良い人もいましたが、残りの話したスタッフたちは謎の集団レベルでした。

①シュノーケルのおすすめスポットをききに行った時
その日いたのは、白人の男性、中国系の女性、モルディブ人っぽい男性でした。ハウスリーフのお勧めスポットをきいたところ、え、誰が説明する?You do it, come on.とか平気で言っちゃいます。私たちが英語を話せないと思ったのか、面倒くさそうに「ここからここまでの間ならどこでもいい。」・・・・えっ!?!?英語を話せると知ると、少しだけ対応が変わりましたが、SUPも興味があったので、初心者でも今の時期大丈夫か(波が強いので)きいてみたところ、「やりたければ来て。」。はぁ。。。。

②有料のシュノーケルツアーは、あきらかな初心者がいるのに放置
ボートでの外洋シュノーケルツアーでは、まず初めてかどうかの確認が一切ない、シュノーケル方法の説明もなし、初心者へのライフジャケット着用のすすめもなし。8人ほどの参加者の中で、船から飛び込めない人たちがいて明らかな初心者なのに、マスクを押さえることの説明すらない。マスクの曇り止め処置もなし。ライフジャケットなしに飛び込んでしまったものだから、溺れかけた人がいました。

自己責任なのかもしれませんが、わざわざお金を払って参加しているのにあまりにも可哀そうです。今まで訪れたモルディブリゾートでは必ず、初心者かどうかの確認、初心者ならライフジャケット着用、など徹底されていたので、まさかセントレジスモルディブでそんな簡単なこともできないなんて、心底驚きました。

しかもマニュアル通りの対応しか許されていないのか、砂の舞ったエリアを1時間シュノーケル(←場所変えれないの?)。誰かが、カメは見れないの?ときいても無表情で「50:50」。リフレッシュメントも一切なしでした。無料ツアーならまだしも、一人11,000円ほどの有料ツアー、スタッフ5人いて誰一人親切な人はいませんでした。本当の話です。ハウスリーフシュノーケルツアーも、担当してくれた方は良い方でしたが、これもマニュアル通りのルートしかダメなようで、その時に綺麗に見えるリーフではなく、決められたルートのみのツアーでした。まぁ仕方ないのかもしれないけれど、他のモルディブリゾートのダイブセンタースタッフに比べると、レベルの低さが際立ちます。


(9) セントレジス側のミスでSPGポイントがついていない

滞在したのは9月ですが、ポイントがついたのは滞在費用分だけ(お酒、食事、ツアー代など)。一番お金のかかっているホテル代金のポイントがつかずSPGに問い合わせをしたところ、リゾート側でのミスでついていない旨の説明を受けました。

さすがにこれはレアケースかもしれませんが、宿泊費用は一番金額が大きいので確認した方が良いです。現在SPGに対応をお願いしていますが、それもこちらとしては手間です。マイルにしたらビジネスクラスでアジア各国へ飛べてしまうくらいのマイル数ですし・・・・ここまでくると悪質にさえ感じてしまうよ。これが滞在費用分のポイントもついていないなら、時間かかるのかな?で終わるけれど、なぜ一番高い分を忘れられるの????


(10) まとめ

私たちはSPGゴールドメンバーですが、トリップアドバイザーの口コミをみたところプラチナメンバーでも何人か最悪評価をつけているのでステータス持ちかどうかはほぼ関係ないと思います。というか、そのレベルまでスタッフが教育されていなければ、マネージャーもすごい微妙なので・・・・

高級ライン&モルディブリゾートとしては、セントレジスモルディブのトリップアドバイザー口コミはたった220件程度の数に対し普通~悪いの評価が多いです。私も評価をつけるとしたら1です(素晴らしいスタッフも5名いたので、それを考慮し本当は2にしたいけれどとてもすすめられないレベル)。私は悪い口コミはあまり気にしないようにしているのですが、残念ながらそのほとんどが当たっていることを、今回の滞在で学びました。

以上のことは、リゾート滞在中は全て心に留めていた(というか気にしないようにしていた)のですが、最後のドクター&バトラーKさんの件で何かがふっときたのです。最初の数日間は、4か月ぶりのモルディブに浮かれていたので覚えていないこともありますが、上にあげたこと以外もあれ?と思ったことはいくつかありました。その他にも細かいですが、お願いした200ドルのツアーが勝手に450ドルのツアーの変えられていたり、お願いしたアニバーサリーのプラン(有料)が違うものになっていたり)なども。

もちろん、全員がこのような体験をするわけではないとは思いますし、こうして文字にしてみると悪いことばっかりだったように見えてしまいますが、良いことももちろんありました。でもモルディブに6回訪れた身として、セントレジスをオススメするかと言われると・・・・絶対ないです。これで1泊10万ならまだ理解できるけれど(水上ヴィラ、調度品の豪華さを考慮して)、それ以上払う価値はないし、1泊1万でも行きたくないくらい

今後サービス面が良くなる可能性もゼロではないですが、高級リゾート慣れしている方は今のセントレジスモルディブではとても満足できないと思います。私たちはそこまで高級リゾートばかりめぐっているわけではないし、いつもは細かいことは気にしないけれど、それでも悪質に感じてしまうレベルでした。しかもこれで、オープンは2016年11月ですからね・・・・。バンコクとシンガポールのセントレジスは良かっただけに、残念でした。以上のことは、滞在中はクレームなど一切しませんでしたが、あった出来事として伝えようと思っています。でも・・・・SPG系列のホテルって泊まるとアンケートが必ず送られてくる記憶があるんだけれど、不思議なことにセントレジスモルディブからは一切来ない。もうなくなったのかも・・・・



f:id:mia-travelista:20181009101010p:plain
最後に明るい話題を。4か月前に滞在したMilaidhoo Maldivesのバトラーから、こんなメッセージが届きほっこり(=`ω´=)。しかも彼にはセントレジスに行くこと伝えていないのに、です。以前セントレジスヴォンムリリゾート勤務だったSaizam(Milaidhooのハウスキーピング担当をしてくれた子)の元同僚がセントレジスのスパにいるのですが、その子にSaizam知っている?ときいたところ大盛り上がり。その子から島を超えてSaizamに伝わり、SaizamからバトラーのJameelへ伝わったのでした。

それだけでこんなメッセージ送ってくれるなんて・・・・・感動です。



f:id:mia-travelista:20181006114405j:plain
そして同じくMilaidhooのレストランマネージャーRashydが国際郵便でわざわざ送ってくれたプレゼント。ディベヒ語のドリル2冊!!ディベヒ語を学びたい、と何気なく言っただけでここまでしてくれたのです。



f:id:mia-travelista:20181006114353j:plain
嬉しかったなぁ。

さて、セントレジスヴォンムリリゾートの旅行記スタートがこんなことになってしまいましたが、良かったところもあるので、ちゃんと正直にご紹介していきます。個人ブログだからこそ、良いことも悪いことも、正直なレビューをこれからも書いていきます。


応援喜びます(=´・`=)