私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

20180408180339

ケニア サバンナのラグジュアリーリゾート旅行記まとめ@SARUNI SAMBURU

f:id:mia-travelista:20180912175839j:plain
2017年12月~2018年1月にかけて訪れたアフリカのケニア。ケニアに行ってきた、と言うと、キャンプとかするの?不便じゃない?とたまにきかれますが、そんなことはなく、むしろアフリカのサバンナにはラグジュアリーリゾートもたくさんあり、プールがあったり(↑)もするのです。アフリカというと日本から遠く、まだまだ人気の旅行先ではありませんが、少しでもアフリカ・サバンナリゾートの素晴らしさが伝わるよう、せっかくなので旅行記のまとめ記事を作りたいと思います。

(1)ケニアにあるサバンナリゾートとは?

f:id:mia-travelista:20180326175908j:plain
ケニアにあるサバンナといえば、有名なのはマサイマラ国立保護区、アンボセリ国立公園・・・などが有名です。国立公園と言っても、サファリパークのように動物が飼育されているわけではなく、野生の世界そのままが広がっている場所です。そんな国立公園、保護区の中にリゾートがあるわけなのですが、そのリゾートもピンキリです。一泊数万もかからないようなキャンプロッジもあれば、一泊30万以上する高級リゾートなど様々。

リゾートのスタイルもそれぞれ異なり、例えば川の近くに建っているリゾートだったり、崖の上からサバンナを見渡せるリゾートだったり、キリンが訪れるリゾートだったり・・・広大なサバンナには、それぞれ工夫の凝らしたリゾートが多々あるのです。

ちなみに私たちが訪れたのはナイロビから北へ、セスナで1時間ほど飛んだ場所にあるサンブル国立保護区です。サンブル国立保護区には、他の国立公園ではなかなか見れない動物たちがいるうえ(グレービーシマウマ、アミメキリンなど)、自分たちのヴィラからサバンナを見渡せるリゾートでもあります。私たち夫婦は、その地域らしい絶景+風が感じられるテラスが、「自分たちの部屋から」楽しめるホテル、リゾートが大好き、そしてプライベート感もかなり重要視するので、色々考慮した結果、サルニサンブルというリゾートを選びました。

実はケニアのリゾートでは、お食事の時に他のゲストと一緒のテーブルで、色々お話して仲良くなりましょう!というリゾートが多いので、おこもり感が大好きな私たちは、①自分たちのヴィラでのんびり食べれる、②テラス付きの部屋からサバンナを見渡せる、③素敵なインフィニティプールがある、の3つを条件にリゾート選びをしました。

ケニアへは個人手配(フライト、リゾート選び、ナイロビでの移動、ビザなど)で行ってきましたので、ご興味のある方は下記をどうぞ。
www.mia-travelista.com

(2)日本からケニアへのアクセスについて

f:id:mia-travelista:20180327095720j:plain
日本からナイロビ(ケニア)へのアクセスですが、現在(2018年)は直行便がなく、中東系エアライン(エミレーツ、エティハド、カタール)、ヨーロッパなどからの乗り継ぎが一般的です。私たちはSkytrax常連1位のカタール航空を利用し飛びました。それも日本から飛ぶのではなく、バンコクからわざわざ飛んだのです。理由は、①せっかくならカタール航空のA380を利用したかった(アジアでカタールA380が飛んでいるのは、バンコクか広州のみ)、②日本からのカタール航空利用の場合、ナイロビ着が遅いため、サバンナリゾートへ飛ぶセスナ(朝~夕方前までのみ飛べる)を利用するには、ナイロビでの1泊をしなければならなかったから、の二つです。(治安の心配がある地域での1泊は避けたかった)。A380が日本から飛んでいたら、きっとドーハで時間調整をして日本から直接飛んだと思います。

日本からケニアのサバンナリゾートはとても遠いです。ナイロビのジョモケニャッタ国際空港についたら到着、ではありません。ジョモケニャッタ国際空港からさらに国内線のウィルソン空港へ移動(車で30分~数時間/渋滞状況による)、ウィルソン空港からマサイマラやサンブルなどの国立保護区へ国内線のセスナで飛ぶようになります。陸路という選択肢もあるようですが、片道5~6時間、ガタガタの道を行くようになるようなので、国内線での移動が楽だと思います。

カタール航空・バンコク⇔ドーハ搭乗記↓
www.mia-travelista.com
カタール航空・ドーハ⇔ナイロビ搭乗記↓
www.mia-travelista.com


(3)ナイロビ・ジョモ・ケニヤッタ国際空港からウィルソン空港(国内線)までの移動・ナイロビの治安

f:id:mia-travelista:20180325094226j:plain
前述の通り、マサイマラやサンブルまでのリゾートへは国内線セスナで移動となるわけですが、厄介なことに国内線のウィルソン空港は、ジョモ・ケニヤッタ国際空港から18キロほど離れた場所に位置しているのです。つまり、国際線⇔国内線の空港間移動は車での移動となり、道がすいていれば20分ちょっと、渋滞時は数時間以上かかります。国際線の空港と国内線の空港が離れているとは、なんとも不便ですね。

ジョモ・ケニヤッタ国際空港⇔ウィルソン空港の移動は、リゾートに手配をお願いするか、タクシーという手もあるようです。私たちはリゾートにお願いしたのではなく、割高にはなりますがDoDo Worldさんにお願いしました。というのもDoDO Worldさんはフライト出発時間等、色々相談にのってくれたり、レスポンスも早く(日本語での問い合わせもOKです)安心。慣れない国、しかも治安に心配のある国での車移動は、プラス料金を払っても日本人の方がいらっしゃる会社に手配をお願いしたかったのです。

ナイロビといえば治安が悪い・怖いイメージもあるかと思います。今回、ナイロビの市内を車で移動したのみですが、見た限りはそこまで治安の悪さは感じず(と言っても、街中を観光しようとは思いませんが)、お茶をしたホテルのセキュリティもしっかりしており、次回からはナイロビの1泊も良いかな、と思えたほどでした。

ナイロビ市内にあるホテルにてお茶↓
www.mia-travelista.com
セスナでの移動↓

www.mia-travelista.com


(4)私たちが滞在した絶景のサルニサンブルリゾート(Saruni Samburu)

f:id:mia-travelista:20180326173751j:plain
この写真に写っている2階建てのヴィラ、全てが私たちのヴィラです。2階部分がリビング&テラス、1階がベッド&バスルームになっています。どちらの階にもテラスがついており、そこから毎日動物を眺めることができました。



f:id:mia-travelista:20180704212440j:plain
贅沢にも、このリビングが全て私たちのヴィラです。

テラスからライオン、象、プンバ、バブーン・・・・たくさんの動物が見れました。水を探して何十キロも歩いて行く動物たち、命がけで生きている動物を目の当たりにし、毎日涙してしまうくらい。



f:id:mia-travelista:20180326173744j:plain
これは外にあるシャワー。ここももちろんプライベート空間です。この景色でシャワーとか・・・・モルディブ大好きな私たちですが、それを軽く超えてしまうほどの景色&世界観でした。

ヴィラの様子↓
www.mia-travelista.com
自分のヴィラで食べれるので、おこもり派にも嬉しい↓
www.mia-travelista.com
サバンナの上の絶景プール↓
www.mia-travelista.com
アフリカの星空↓

www.mia-travelista.com


(5)サバンナのアクティビティはどんなことができる?

f:id:mia-travelista:20180412193754j:plain
アフリカといえば、ゲームドライブ(サファリドライブ)。スタッフと一緒に朝晩2回、サバンナへ出かけ動物を探します。ほとんどのリゾートでは、一日2回のゲームドライブが宿泊費用に含まれているかと思います。サルニサンブル(SARUNI Samburu)リゾートでも朝に1回、夜に1回ゲームドライブがありますが、このリゾートはサービスレベルが素晴らしく、好きな時間にドライブに連れて行ってくれたりしました。



f:id:mia-travelista:20180406204849j:plain
象がサバンナを歩く景色。こんな景色が目の前で見れるなんて、贅沢だと思いませんか?



f:id:mia-travelista:20180326175946j:plain
アフリカのサバンナを訪れると、人生の価値観が変わるよ、と以前友人に言われたのですが、本当でした。ここでしか味わえない地球の本来の姿、日々頂いている命、日々目を背けている犠牲、色々なことを考えさせられました。



f:id:mia-travelista:20180412193716j:plain
夕暮れに佇むレオパードとか、ただただ美しいの一言。



f:id:mia-travelista:20180326180509j:plain
すごくレアな赤ちゃんチーターも見れたり(=`ω´=)。日本からアフリカのサバンナは遠いし、人気リゾート行先にはまだなっていないかと思います。だからなのか、やはり客層もアメリカ、ヨーロッパからの人たちがほとんどでした。



f:id:mia-travelista:20180406213543j:plain
さて、アフリカ・サバンナリゾートでのもう一つのアクティビティといえば、サバンナの大地での朝食・ランチです!



f:id:mia-travelista:20180326171124j:plain
朝ご飯を食べていたら、目の前をキリンが歩いて行くとかすごいでしょう?

マサイマラでは気球にのってサバンナを飛ぶアクティビティもあるようですが、サンブルでは残念ながらありません。気球に乗りたいという方はマサイマラに行くと良いかと思います。私たちが泊まったサルニリゾートはマサイマラにもあり、そちらのヴィラからも絶景が楽しむことができます。


www.mia-travelista.com
www.mia-travelista.com
www.mia-travelista.com
www.mia-travelista.com
www.mia-travelista.com


(6)まとめ

f:id:mia-travelista:20180704212424j:plain
アフリカのサバンナは本当に遠いですが、今までの旅行先で一番満足度が高く、行ってよかったと心から思える場所です。(その他にはモルディブ、ラオスのルアンパバーン、ミャンマーのバガンが続いて満足度が高かった)。

毎日動物を眺め、豪華なヴィラで絶景を見ながらくつろぐ。専属のバトラーもつきますし、プライベート感もばっちり、大自然の中なので小さな虫(光に集まる虫)はいますが、ハエ・蚊などは一切いなく快適でした。私たちがサルニリゾートに滞在していた時、他の滞在客はアメリカ、ヨーロッパからの人たちばかりでした。滞在客で、とあるIT企業のCEOとゲームドライブ、サバンナの朝ご飯で2回一緒になったのですが、これからの経済の話などとても興味深い話をたくさん教えてくれたのです。普段知り合うことのないだろう人たちと会えるだけでなく、そうやって色々お話できるのも、アフリカのリゾートの魅力なのではないかと思いました。

都市型ホテルより自然リゾート滞在が好きな方、夜景を見るより鳥とか眺めているのが好き、という方はきっとアフリカリゾートも好きになるかと思います。サバンナの景色はアフリカでしか見れないと思いますし、自然・動物の強さにただただ毎日圧倒されます。アフリカのサバンナリゾート、本当におすすめです。



f:id:mia-travelista:20180326170505j:plain
Saruni Samburu...not far, still a world away.


応援喜びます!