私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

20180408180339

北極線上のリゾート@Santa's Igloos Arctic Circle【フィンランド】

f:id:mia-travelista:20180421211235j:plain
2018年2月に訪れたフィンランド・ロバニエミでは、Santa's Igloos Arctic Circleというリゾートホテルに滞在しました。ロバニエミはヘルシンキから国内線で50分ほどのところ、北極線が通る街にあるリゾートです。



f:id:mia-travelista:20180421211239j:plain
こんなガラスイグルーで、お部屋の中の様子はこちらでご紹介しています



f:id:mia-travelista:20180325114553j:plain
私たちは見れなかったのですが、運が良いと部屋からオーロラが見えたりするそうです。

ガラスイグルーといえばサーリセルカにあるカクシラウッタネンが有名ですが、私たちはロバニエミのSanta's Igloos Arctic Circleを選びました。その理由が、①アクセス(ロバニエミの空港から車で10分もかからないこと)、②周りにサンタクロース村や、アイスバー、マリメッコショップなどがあったし、サンタクロース村にどうしても行ってみたかったからです(=`ω´=)b(←でも、人がたくさん並んでて、サンタクロースに会うのは諦めた)



f:id:mia-travelista:20180327151728j:plain
Santa's Igloo Arctic Circleリゾートは、大きな敷地の中にイグルーが立っています。



f:id:mia-travelista:20180327151741j:plain
周りは白銀の世界。綺麗な景色を眺めながらのんびり泊まるのが叶う場所。



f:id:mia-travelista:20180421211412j:plain
敷地内には、受付&レストランがあるので、万が一、鍵をイグルーに忘れて締め出されても安心。



f:id:mia-travelista:20180421211419j:plain
イグルーまでの荷物は、このようなソリを使って、自分たちで運びます。ソリの後ろ側は、足を乗せる場所があり、すいーっと滑るように移動も可能。スタッフへお願いすれば、荷物を持って行ってくれるのだとは思いますが、ソリで荷物を運ぶだなんて、こんな楽しそうな経験はめったにできない!!

と思いやってみた結果→ソリに乗ったはいいけど、怖くて滑れない。こんな雪国に来て、ウィンタースポーツが得意になったと勝手に勘違いしていたけど・・・・ダメ。荷物は結局、手で持って運びました。



f:id:mia-travelista:20180421211303j:plain
受付前のラウンジ。



f:id:mia-travelista:20180421211306j:plain
奥側がレストランです。



f:id:mia-travelista:20180421211346j:plain
お願いするパッケージによりますが、ここで朝、昼、夜とお食事が可能です。



f:id:mia-travelista:20180421211313j:plain
雪景色を楽しめる席。



f:id:mia-travelista:20180421211342j:plain
朝食の種類はあまり多くないです。あと、行った時期が旧正月近くだったからか、私たち以外、ほとんどが中国人でした!びっくり。



f:id:mia-travelista:20180421211330j:plain
パン&ケーキ。



f:id:mia-travelista:20180421211338j:plain
ハム類。ニシンも美味しい。



f:id:mia-travelista:20180421211350j:plain
サーモンは特に美味しかった!!



f:id:mia-travelista:20180421211354j:plain
マッシュドポテトを乗せて焼いたパイ、カレリアンピーラッカ(パイ)。そのまま食べても美味しいし、サーモン&チーズをのせても美味しいし。



f:id:mia-travelista:20180421211408j:plain
とにかく美味しくて、パクパク食べてしまうほど。



f:id:mia-travelista:20180421211400j:plain
冬のフィンランドは日照時間が短いです。それが原因なのか分からないのですが、朝ご飯を食べているのか、夕飯を食べているのかいつも分からず、びっくりするほどお腹がすかなかったです。朝になんとなくお腹すいたかな?と食べ始めるのですが、外は夜のように真っ暗。朝食後イグルーに帰って、明るくなった雪景色みながらのんびりお昼寝→お昼はお腹すいてないからいらない→雪遊びをするも、お腹が減らない→でも夕飯お願いしているから食べよう、という感じ。



f:id:mia-travelista:20180421211254j:plain
ある日のチキン。



f:id:mia-travelista:20180421211250j:plain
ある日のサーモン。その他は紅茶飲んだり、ヘルシンキで買ったチョコとか食べて終わってしまった。消化が遅い方は、冬のフィンランド、オールインクルーシブとかではなく、朝食のみの方が良いかと思います。



f:id:mia-travelista:20180421211258j:plain
サンタクロース村の近くにあるホテル。絵本の世界みたい!



f:id:mia-travelista:20180325114553j:plain
滞在したお部屋からの景色。

冬のロバニエミは、買い物をしたり、サンタクロース村でポストカードを書いたり、アイスバーでお酒を飲んでみたり、雪の中で思いっきり遊んでみたり・・・寒いところよりは暑い場所が好き!と思っていたけれど、訪れてみると、冬のリゾートもすごく良いなと思いました。



f:id:mia-travelista:20180327100640j:plain
おまけで。リゾートから徒歩10分のところにある、氷でできたバー訪問記は、こちらをどうぞ



f:id:mia-travelista:20180402192544j:plain
次のクリスマスに届くカードを送る方法@サンタクロース村は、こちら


応援喜びます(=`ω´=)