私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

20180408180339

ライオンに観察されながら人助け IN アフリカ

f:id:mia-travelista:20180412080313j:plain
12月~2018年1月にかけて滞在したケニア・サンブル国立保護区にて、まさかの人助けという貴重な体験をしてきました!ちなみに↑は、アフリカの初日の出。朝のゲームドライブ(サファリドライブ)は、こんな朝日がのぼる中、出発するのです。



f:id:mia-travelista:20180412080321j:plain
アフリカのサバンナは、道という道がほとんどありません。これはまだ良いほうで、ほとんどの道はガタガタで手つかず。



f:id:mia-travelista:20180412080736j:plain
こんな感じの道ばかりなので、ゲームドライブには専用の車が必要になります。



f:id:mia-travelista:20180412080310j:plain
サファリカー(↑)がメジャーです。また、国立保護区では、リゾートが提供するサファリドライブに参加するのと、自分たちで車を借りて参加する2通りあるのですが、自分たちで借りる場合は、車、タイヤの種類に注意が必要だそうです。やはりちゃんとした車でないと、砂にはまって抜け出せなくなったりするようで・・・



f:id:mia-travelista:20180412082748j:plain
砂にはまってしまっているアジア系のカップル+それを助けようとしている車に遭遇。この日以外にも、同じような人たちがいたので、割とよくあるのかも?

結局、ロープをつなげて引っ張っているうち、助けていた側の車の、ロープをつなぐ場所が壊れたとのことで、私たちの車で引っ張ってあげることに。安全のため、車から降りてね、とさらっと言われたけど・・・・



f:id:mia-travelista:20180412082757j:plain
え、ここで?



f:id:mia-travelista:20180412082754j:plain
だってこの場所、数日前にヴィラからライオンを目撃したところの近くだよ?大丈夫なの?ときいたら「ライオンはどこかで僕たちを監視しているだろうから、離れないでね。でも、レンジャーたちが大勢いるから大丈夫。ライオンたちは、僕たちが恐ろしい武器(銃)を持っているのを知っているから、手を出さない」と言っていました。



f:id:mia-travelista:20180412083754j:plain
そうかぁ、大丈夫なんだぁ!(*´з`)って思う人っているの?・・・・だってライオンだよ。



f:id:mia-travelista:20180412080324j:plain
でもまぁ、車に乗っているわけにもいかないので、ドキドキしながら降車。

そして、しっかり人助け中の写真を撮りました。(←写真撮ってないで助けなよ!ときこえてきそうですが、実は、女性、子供は、レンジャーたちがいてもライオンに狙われやすいため、背中を見せず、別のレンジャーたちに囲われての待機命令が出たのです)。結局、車でひっぱってもダメで、最終的には男性10人くらい集まって車を押し、なんとか砂場から抜け出せたのでした。



f:id:mia-travelista:20180412080332j:plain
きっとライオンに監視されているだろうアフリカのサバンナで、見ず知らずの人たちと出会う素敵な不思議。



f:id:mia-travelista:20180412080303j:plain
そして、この夕焼けとアカシアの木。



f:id:mia-travelista:20180412080317j:plain
濃藍色の空。朝焼けでも、夕焼けでも暗闇でもない。一時だけ見れるこの空の色も大好き。

ゲームドライブだけではなく、見ず知らずの人たちが集まって助け合ったりとか、一緒に乾杯したりとか・・・アフリカの神秘的な魅力に、さらにどっぷり魅了されたのでした。



f:id:mia-travelista:20180412080328j:plain
おまけで・・・私たちが滞在したSARUNIリゾートの絶景サバンナプールは、こちらをどうぞ。滞在した2階建てのプライベートヴィラの様子は、こちらから


是非ぽちっと応援お願いします。