私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

20180408180339

ティーラウンジアフタヌーンティー@中国・バンヤンツリー麗江




バンヤンツリー麗江の中にある素敵なティーハウスラウンジ。ここでは毎日、アフタヌーンティーを楽しめます。






ティーハウスにはテラス席と室内席があります。室内にはこんなソファや、






こんな可愛らしい天蓋つきソファが。






バンヤンツリー麗江でのアフタヌーンティーは、通常このようなビュッフェスタイルとなっているのですが、滞在した1週間のうち一度だけ、中華ティースタンドでのアフタヌーンティーがありました。






こんなの↑。何故、毎日このスタンドでのサーブじゃないのか分からないのですが、やっぱり中国に来たからには、中華らしい雰囲気の方が、周りの景色にも合いますね!






室内席では、柳の木をバックにしたこの天蓋付きソファが、一番人気のある席のようでした。逆光だけど、とても写真映えのする席。






ヴィラ滞在者はここのアフタヌーンティー利用が毎日無料ですが、お茶代は別です。これは確か菊のお茶で400円ほど。外部の方でも別料金で利用可能なので、麗江へ訪れたら是非行ってみてください。






余談ですが私、麗江が標高2500メートルのところにある、ということをすっかり忘れていまして、滞在3日目くらいにちょっと運動してしまったんです。そしたら、動悸、息切れが・・・・!息切れがおさまっても、息苦しさが続くという、高山病ではありませんが、軽い酸欠状態となってしまったんです。

そこでバンヤンツリー麗江のスタッフにきいてみたら、酸素マスクあるよ!(↑)と。1本約400円の酸素マスクを購入し、残りの滞在中は夫に、「ダースベイダー」と呼ばれる羽目になりました。

麗江に行かれる方、うっかり運動しないよう気をつけてくださいね。スコーーッ・・・・・スコーーッ・・・・・ダースベイダー