私が旅した海外絶景リゾート

モルディブ、アフリカ好きな夫婦2人、絶景の中にある海外ホテルリゾートのんびり旅行記。

20180408180339

初めてのモルディブ リゾート選び方情報【5回訪れてみて】

モルディブへ4回、全て個人手配で訪れてみて、気が付いたことをまとめてみました。これからモルディブへ行こうと考えている方のために、少しでも役に立ちそうな(?)ポイントをあげてみますので、興味のある方はご参考にどうぞ!


目次

初めに

f:id:mia-travelista:20180325160221j:plain
ハネムーン、記念旅行などに人気のモルディブ。リゾートがたくさんあり、初モルディブだとリゾート選びに悩む方がほとんどだと思います。



f:id:mia-travelista:20180325160200j:plain
モルディブはとても特殊で、ホテルのブランドで選ぶと、こんなはずじゃ!というのが多いです。しかも、旅行会社のサイトにある、モルディブ7日間70万~とあっても、実際ふたをあけてみたら、モルディブに6泊じゃなくて、たったの3泊だった・・・など、高い金額を払うからこそ、間違えるとインパクトも大きい。初めてモルディブに行かれる方は、是非下記を考慮した上で、リゾートを選ぶのをおすすめします。

①島のサイズ

30弱しか部屋数がないリゾートから、200以上の部屋があるリゾートまで、たくさんあるのがモルディブ。

あんまり人に会いたくない、ビーチを独り占めしたい、うるさい・マナーの悪いツアー客が少ないところがいい、という方は、小さめのリゾート(部屋数60以下)をおすすめします。もちろん、運次第でもありますが、大きめのリゾートだと、マナーの守れない人が多い国からの旅行客がいる確率も高まり、うるさい、カニをつかまえて持ち帰る、サンゴを壊す、所構わず煙草を吸う、など見かけるリスクも高くなります。(ただ、あくまで運次第ですので、誤解のないよう!)

逆に、周りなんてどうでもいい!テニスコートがあったり、自転車で島の中を移動したり、ゴルフコースがあったりする方がいい!という方は、大きめの島がおススメです。

ただし、大きめのリゾートだと水上飛行機がそのまま着水できるようになっているところもあるので、数時間ごとにブーーン!という音、ガソリンのにおいがすることもあります。小さめのリゾートだと、リゾート島への着水ではなく、島から5分ほど離れたポートへ着水となります。


②何をして過ごしたいか

海は眺めるだけ、飲んだり食べたり、スパを受けたりだけでよい、という方は、どんな島でも基本的に楽しめると思います。口コミを読み、合いそうなリゾートを選べば問題ないと思います。

逆に、シュノーケルで楽しみたい!という方は、ハウスリーフが良い島を選びましょう。ハウスリーフの良しあしは、Booking.comなどで島の全体像を見ると分かります。例えば、下が、ハウスリーフびっしりの島。(今回私が行ったカンドゥルです)

f:id:mia-travelista:20180325160208j:plain
ここまでサンゴが豊富だと、カメ、サメ、イルカが島にいて見れました。※こちらの写真はBooking.comからお借りしました。



下は、ハウスリーフが少なめの島

f:id:mia-travelista:20180325160203j:plain
モルディブと言えば、このような青いラグーン!のイメージなのですが、それはつまり、サンゴが死んでいる状態なので、カメだったり、サメだったり、魚群はあんまりハウスリーフでは見れません。(ドロップオフまで行けば、見れることも)※こちらの写真もBooking.comから。



f:id:mia-travelista:20180325160211j:plain
ハウスリーフが良い島は、上空からの見た目はブルーラグーンではありませんが、水の中は竜宮城です。



f:id:mia-travelista:20180325160157j:plain
リーフが豊富な場所。カメやサンゴ、魚がたくさん。



f:id:mia-travelista:20180325160218j:plain
私たち夫婦はシュノーケルが大好きなので、ハウスリーフの良いリゾートは絶対条件。



f:id:mia-travelista:20180325160205j:plain
もちろん、外洋へのシュノーケルツアーも各リゾートありますが、1人数万円するリゾートがほとんどなので、高くつきますし、必ずツアーでカメ、イルカ、マンタ、ジンベイザメが見れるとは限りません。なので、シュノーケル目的の方は、ハウスリーフが良い島を選ぶと良いでしょう。


③ハーフボード or オールインクルーシブ?

リゾートによりますが、よっぽど毎食がっつりと食べ、お酒も飲みまくる(ワイン1日3本以上とか)方以外は、朝食のみか、ハーフボードが結果、お得なことが多いです。余力があれば、泊まりたいリゾートに、All inclusiveの場合と、Half boardの差額をきき、リゾートHPにある、レストランメニュー、ドリンクメニューでだいたい使いそうな金額を把握し、どっちがお得か考えてみると良いです。


④水上ヴィラかビーチヴィラのどっちがいい?

せっかくのモルディブだから、水上ヴィラ!という方は多いと思います。ただ、リゾート、季節によっては水上ヴィラだと強風が吹き、揺れたり、波が強くて部屋から海にINできなかったり、水上ヴィラの周りにサンゴがなかったり・・・などあります。

また、水上ヴィラに7泊くらいすると、揺れでだんだんふらっとしてきます。これ、本当です!

でもそんなの気にしない!水上ヴィラが良い!という方は水上ヴィラで。それでも迷う、失敗したくない!という方は、
①まずはリゾートの口コミをTrip advisorで見る。どの部屋が良いか、風の強さ、波の強さなど見てみる。
②リゾートHPのIsland mapを見て、泊まりたい部屋の方角、そこにはシュノーケルスポットがあるのかを見る。
③リゾートの全体写真を見て、波がたってないか見る、と良いです。

ここまで調査すれば、きっと心配ない、はず・・・?
ただ、ビーチヴィラの場合は、目の前に水上ヴィラがあったり、水上レストランがあったり、だと景色がブロックされてしまうことも。なので、リゾートのHPにいって、やはりIsland mapを確認すると良いです。

余談ですが、今回私が泊まったカンドゥル。Oceal pool villas(1番高い), Duplex pool beach villas(その次の高い), Pool beach villas(一番安い)では、なんと一番安いBeach villasが過ごしやすかったです。(シュノーケルポイントにすぐ、レストランも近い、波も穏やか、など)


⑤サンセット側か、サンライズ側か

どちら側も強風ではなく、料金も同じ、見晴らしも良い(目の前にパビリオンとか他のヴィラがない)のを前提とします。好みにもよりますが、簡単にいえば朝型ならサンライズ側、朝は苦手ならサンセット側です。

部屋からサンセットを見ながらお風呂、乾杯も良いのですが、朝に暗い空と海が、濃い藍色に変わり、淡い藍色に変わり、輝く水色に変わっていくサンライズ側も、息をのむほど美しいです。モルディブの朝6時は、日本の朝10時なので、時差も考慮しつつ朝型か夜型かで決めても良いかもです。


⑥ブロックは景観を邪魔する場合もある!

リゾートによっては、防波堤なのかブロックを置いているところがあります。部分的に置いているリゾートもたくさんあります。すると、見渡す限り海!ではなく、あれ?ブロックが・・・となりますので、気になる方は注意です。島の全体像を見ましょう。


⑦マレからボートか水上飛行機はどっち?

ボートで行ける距離・水上飛行機で行く距離にそれぞれ、同じくらい気になるリゾートがある場合、私は迷わずボートで行く方をオススメします・・・と思っていたのですが、2017年、4回目のモルディブでボートで行ける距離にある、ヴェラサルリゾートを訪れましたが、リゾートからはマレの都市が見えたりして、リゾート感を満喫することができませんでした。初めてのモルディブなら満足できたかもしれませんが、周りは全て海!のモルディブを知っていると、ちょっとあれ?となります。

なので、リゾートからマレの都市やごみの島、埋め立て地が見えないかどうか、も注意する必要があります。

水上飛行機のデメリットとしては、荷物制限、待ち時間もあり、飛べるのは朝から夕方4時くらいまで。天候にも左右されること。夜でも移動可能なボートは便利ですが、ごみの島が見えないかどうかなど、リゾートの口コミを注意深く確認した方が良いな、と思いました。あとは、マレの近くのリゾートは、海がそこまで綺麗じゃないです。外洋ツアーも参加しましたが、抜群の透明度を知ってしまっていると、うーーーん????という感じ。もちろん、ヴェラサルでも透明度は高く綺麗ですが、他に訪れたカンドゥルやマフシバルの離島に比べると、同じモルディブとは思えないほどの差を感じました。もちろん、天気とかプランクトンの量、時期にもよりますが、4回訪れての感想を正直に述べてみました。


⑦個人手配か旅行会社、どちらがお得か

それぞれ、メリット、デメリットをあげてみます。

<旅行会社にお願いするメリット>
1.4泊くらいで良い!という方にはとてもお得。
2.安心感。
3.自分で手配する手間をはぶける

<旅行会社にお願いするデメリット>
1.日本の旅行会社におろされているリゾートからしか選べない(自由手配は割高)
2.よくツアーにある、モルディブ7日間、70万~(2名)とある広告、これは、モルディブに6泊ではないので注意。往復移動に2日、場合によってはマレに1泊、するとリゾートの宿泊は4泊くらい。フルでいられるのは、3日間だけとかになります・・・・


<個人手配のメリット>
1.好きなリゾート(日本旅行会社で取り扱ってないリゾート)から選べる
2.効率的な予定をくめるし、時期、宿泊数(長期)、キャンペーンによってはツアーより安い

<個人手配のデメリット>
1.面倒。
2.隠れTAXに衝撃を受ける。

隠れTAXとは?
Booking.comやリゾートHPから選ぶと、「1泊10万」、「よしよし、7泊で70万だ」と思って油断するととんでもないことに。たいてい出ている金額は、部屋代+朝食代のみ。ここに、23.2%の税金、サ料、Green tax、ボートなり水上飛行機代がかかります。それを更に、Full board, All inclusiveにしたら、もう大変!

7泊70万と思ってたものが、
700,000  宿泊費
162,400  TAX
100,000  水上飛行機代(およそ)
175,000  Full board7泊分(リゾートによります)

合計約120万、さらにプラス飲み物代、となってしまうわけです(もちろん、飛行機代もプラスかかります)

ただ、6カ月~1年前の予約だと、各リゾートOfferがあり、25%オフ(朝食、夕食込み)とかあるので、それを使えれば少しは安くなります。(詳しくは各リゾートのHP, NewsletterやOfferにあります)



おまけ:細かすぎるけど、見逃しがちな(?)ポイント

(1)部屋の数が少なくても、島が大きいと疲れたりする→カートをお願いすればいいんだけど、私は歩いて島を1周するのが好きなので、部屋数だけではなく、小さめのリゾートが好きです。

(2)ジェットスキーとかモータースポーツがOKの島→モータースポーツ好きな方は申し訳ありません。。。私だって、バナナボートとかパラセイリングとか大好きなのですが・・・でも、でも・・・モルディブでは嫌なのです。ヴィラでくつろいでいたら、ジェットスキーが通っていくとか目撃したくない(;´Д`)。。静かに過ごしたいので、私はモータースポーツOKなモルディブリゾートは避けています。

(3)できれば大人専用リゾート→全員が全員ではありませんが、マナーの悪い方々が多い国からのゲストは、子供を放っておく人たちも多いと思うのです。

(5)マレから遠いリゾート→ヴェラサルを訪れて、海の透明度の違いに愕然としてからは、マレ環礁は避け気味の最近。。でもいつかまたリベンジしようと思っていますので、続報書きたいと思います。

とまぁ、普通の人なら気にならないポイントかもしれないのですが、細かいところもあげてみました!ジェットスキーとか・・・意外なポイントですが、私はここはこだわりたいので、事前に必ず問い合わせるようにしています。

以上、長くなりましたが、こんなところを考慮し、滞在先を選ぶと良いと思います。どこを選んでも、たいていは間違いないと思いますが、行ってみないと分からないこともありますので、上記が少しでも役にたてば幸いです。

余談

所々、こっそりカンドゥルをアピールしてみました。教えたくないけど、本当に素晴らしいリゾート。

f:id:mia-travelista:20180325160200j:plain
日本ではあまり知られていませんが、欧米では実はとても人気(立地、ヴィラの作り、サービス抜群、ハウスリーフは群を抜いて良し)なのです。また、SLH(スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドにも選ばれているリゾートです。SLHとは、小さいリゾートながらに高級さや、そのホテルにしかない個性など、厳しい審査基準をパスしたリゾートのみが加盟できる、ラグジュアリーリゾートブランドです。



f:id:mia-travelista:20180325161114j:plain
ちょっと高めのリゾートですが、興味のある方は、是非ツアーでも個人手配でも行ってみてください♪
(ただし、ツアーの場合は、残ったものだけ直前にアジア圏におろされる)